中盤に突き放した都立江戸川が3回戦へ!

 試合途中からセミの鳴き声が聞こえてきた江戸川区球場の第一試合、都立江戸川都立小松川は初回から動く。

 都立江戸川は一死から2番・尾頭辰悟がセンターにヒットを放つと、3番・若林太吉と4番・小河翔暉の打席間に2つの盗塁を決めて一死三塁にする。ここで小河は都立小松川の先発・水橋広陽の4球目を詰まりながらもライトに持っていくタイムリーヒットを放ち、幸先良く都立江戸川が先制点を挙げる。

 その後の2回にも7番・泊広哉の死球をきっかけに二死二塁の追加点のチャンスを作る。しかし、1番・吉野陸人のレフト前にヒットでホームを狙ったが都立小松川の見事な中継プレーの前に追加点とはならなかった。

 チャンスを掴めなかった都立江戸川の先発は泊。テイクバックが小さくタイミングが取りにくそうなフォームが特徴的。その泊は、3回に無死から都立小松川の8番・侘美大樹を四球で歩かせるが、牽制で刺しアウトをもぎ取る。

 しかし続く9番・小森亮太に4球目をしぶとくセンターに運ばれ、再びランナーを背負う。さらに1番・松村元紀の送りバントを泊自身の悪送球で一死一、三塁のピンチを招く。だがここでも泊は一塁ランナー・松村を牽制で刺して二死とする。

 この場面、併殺打に仕留めたい都立江戸川にとっては、一塁ランナーを釘付けにしておく必要があった。逆に都立小松川は、併殺打で無得点だけは避けたかったはずだ。こうした心理が働いたことも、このプレーに繋がったのかもしれない。

 泊の落ち着いたプレーでピンチを脱した都立江戸川は、5回に7番・泊のレフトへのヒットで二死からチャンスメイクすると、8番・田澤昇大と9番・鎌田大吾の連続タイムリーで2点を追加して、5対0とする。

 これで守備にも余裕が生まれ、5回にはセンター前ヒットで一塁に出た都立小松川の6番・水橋を7番・矢井伎の送りバントを二塁でフォースアウトに取り、進塁阻止。続く代打・大関零をセカンドへの併殺打で切り抜ける。

 6回には5番・鈴木颯人のタイムリー、7回には1番・吉野のレフトフェンスに突き刺すホームランで都立小松川を突き放した都立江戸川が、7対0の7回コールドで勝利した。

(レポート=編集部)