東海大高輪台、もどかしさの残る大勝! 健闘の都立武蔵丘、惜しまれる5併殺

 

 第1試合の開始前に、球場周辺に局地的な大雨が降り、第1試合は中止。第2試合の東海大高輪台都立武蔵丘の試合は、予定通り行われたが、雨上がりの球場は、非常に蒸し暑かった。

 

 実力では昨夏の準優勝校である東海大高輪台が数段上。武蔵丘の先発・永田岳史は、スローボールを混ぜて緩急をつけようとするが、スローボールの制球が定まらず、1回表、東海大高輪台の1番・宮下歩に四球、2番・三浦諒大の打球は、遊撃手の後方の野手の間に落ちたボールが大きく弾み、三塁打となりまず1点。それでも後続の3人は何とか抑えて追加点は許さない。

 

 東海大高輪台の先発は、故障により春は投げることができなかったエースの西原 秀俊。西原は制球が今一つ定まらない。3回裏はこの回先頭の武蔵丘の8番・城戸祐輝に四球。9番・小野大志の投前バントを二塁に悪送球してピンチを招く。それでも1番・吉田健人を中飛に仕留めた後は、2番・永田を6-4-3の併殺で切り抜ける。武蔵丘は強豪相手に必死に食らいついていたが、肝心なところで併殺が多いのが響いた。

 

 3回表に東海大高輪台の猛攻が始まる。一死一、二塁から4番・瀬戸涼太郎が一塁を強襲する二塁打を放ちまず1点。さらに5番・覚田宗一郎が四球で満塁となり、主将で6番の伊東 翼が中堅のやや右寄りを抜ける二塁打を放ち、3人が還った。

 

 こうなると、東海大高輪台も余裕の展開になりそうだが、先発の西原や5回裏から登板した2番手の岡本哲也が本来の投球でなく、4回、6回と満塁になるなど、ピンチの連続であった。それでも、4回も6回も併殺で切り抜けるのは、底力ともいえる。

 

 東海大高輪台は6回、7回の1点ずつ入れ、7-0。7回裏を抑えればコールドという展開で、7回裏から登板した3番手の梅澤昂大が乱調で、いきなり連続四球を与えると、暴投や味方の失策などで2点を失った。

 

 8回裏東海大高輪台は8番・木下 優成の二塁打などで1点を追加するも、6点差止まりで、東海大高輪台の一方的な優勢で始まった試合は、結局9回まで進んだ。

 

 9回裏武蔵丘は、2本の安打を放ち1点を返し、なお満塁とチャンスが続いたが、この試合を象徴するように、最後は5番・小林椋は4-6-3と、この試合チームとして5回目の併殺に倒れ、8-3で東海大高輪台が勝利した。

 

 この試合の立ち上がりは、どうなることかと思うほど、両チームには力の差があったが、武蔵丘は攻守に気持ちの入ったプレーを見せ、東海大高輪台を苦しめた。

 

 勝った東海大高輪台は初戦ということもあり、硬さやちぐはぐさが目立った。次の試合は16日で1週間空く。この1週間でどこまで仕上げてくるかは、東東京大会の優勝争いにも影響を及ぼす。

  

(文=大島 裕史)