バッテリーを中心に接戦を制した都立大田桜台が3回戦へ!

 連日強い日差しが降り注ぐ東京。今日も3球場で8試合が行われている東東京大会。明大球場では青稜都立大田桜台の2回戦が行われた。試合前にはスタンドの応援団に挨拶をする際に、両校同時に挨拶をしてしまうという、少し微笑ましい出来事が起こる中で試合は始まった。

 都立大田桜台の先発は、右の2年生エース・雨宮空。真っすぐと縦に割れるスライダーを外角中心に集めるピッチングで、打たせて取るのが持ち味。その雨宮は初回、青稜の2番・安田光輝と4番・松本拓也に四球を与えるも、後続のバッターを抑え、無失点で立ち上がる。

 守備でリズムを作った都立大田桜台はその裏の攻撃、雨宮の女房役・和田光太郎が青稜先発の大石龍生の3球目を捉えると、打球はレフトへグングン伸びて、そのままスタンドイン。先頭打者ホームランという衝撃の展開で先制点が都立大田桜台に先制点が入る。

 ここで和田のバッティングフォームをよく見ると、ステップする左足がスクエアに出るのではなく、少し開き気味に踏み込む。内角に強いバッティングスタイルと言えるだろう。そのスタイルのところに右サイドハンドの大石の内角に抜けた真っすぐが来たのだから長打になるは必然的だ。しかしスタンドまで運ぶそのパンチ力は、和田が3年間で培ってきたパワーなのだろう。

 和田の先制ホームランで序盤にリードをもらった雨宮だったが、3回に突如崩れる。青稜1番・柴野慎也にライトへヒットを打たれる。続く2番・安田に三塁線ギリギリに転がす絶妙な送りバントを決められ、一死二塁。打席には3番・大石を迎えるが、2球目でバッテリーエラーをしてしまい一死三塁のピンチになる。ここで踏ん張りたかった雨宮だったが、レフトの頭上を越える二塁打を打たれてしまい、同点に追いつかれる。

 この回は全体的にボールがバラついており制球に苦しんでいたが、この劣勢を和田が救う。4番・松本の打席の時に、雨宮のワンバンしたボールを和田が横にこぼしたのを見て大石は三塁を狙う。それを見た和田はすぐさまボールを拾ってサードへ送球し、タッチアウト。ピッチャー・雨宮を救う和田のプレーで、この回は1失点で切り抜ける。

 4回には青稜7番・井深舜也の打球を足に受けるが、自身のピッチングスタイルを貫き、味方の援護を待つ。

 雨宮が待ちに待った援護は5回にやってきた。一死から7番・金澤成悟の放ったフライがショートとレフトの間に落ちる。その打球処理をもたついている間に、金澤は一気に二塁を陥れ、勝ち越しのチャンスを作る。8番・上田飛我は三振に倒れるも、9番・渡部竜成が高めに浮いた真っすぐを左中間まで運ぶ勝ち越し二塁打で、都立大田桜台が再びリードを奪う。