淑徳巣鴨が14安打9得点で猛攻で7回コールド勝ち!

 淑徳巣鴨が打線で圧倒し、7回コールド勝ちを収めた。

 淑徳巣鴨は初回、一死一、二塁から4番白壁壮彦(3年)のライトフェンス直撃の二塁打で1点を先制。さらに一死二、三塁から5番松本准(2年)が痛烈な左前適時打。6番伊藤幸汰(3年)が右中間を破る適時三塁打を放ち、一気に4点を先制。ここで東洋の先発・中島 律希(1年)が降板。そしてセンターを守る羽田 一輝(2年)が登板する。羽田が後続を抑え、その後は淑徳巣鴨・白壁、東洋・羽田の好投で、0行進が続く。

 だが5回裏、東洋が反撃。9番柳澤諒(2年)の三塁打でチャンスを作り、1番羽田の適時三塁打で1点を返す。

 追加点を入れたい淑徳巣鴨は6回表、二死二塁から8番濱元 哲平(2年)が左前適時打を放ち、5点目を入れる。さらに代打・深澤優希(3年)もライトフェンス直撃の適時二塁打を放ち、6点目。なおも相手の敵失も絡んで、7対1と突き放す。取れずに苦しんでいた追加点。5点目を入れてから一気に打線に火が付いた。

 さらに7回表、一死一、二塁から5番松本が左中間を破る適時打で1点を追加し、8対1と点差を広げる。なおも一死一、三塁から6番伊藤の中犠飛で9点目。

 そして投げては白壁が左腕から投じる125キロ前後の速球に加え、スライダー、カーブ、チェンジアップを駆使して、1失点完投。7回コールド勝ちを収めた。

 淑徳巣鴨は4長打9得点を挙げたように各選手の打球が鋭い。その中でも実力的に頭1つ抜けていたのが4番・エースの白壁だ。技巧派なピッチングも目に付いたが、打者としての将来性が光る。バットコントロールが良く、力みのない構えから様々なコースに合わせる操作性が優れた左打者。バットスイングも鋭く、打球も一伸びする。強さと柔らかさを兼ね備えた長所を持っているので、今後の試合でも活躍が期待できそうだ。

(レポート=河嶋 宗一