ホームラン3本で快勝した日体大荏原が7回コールド勝利!

 スタンドを見るとどちらも多くの保護者の方や応援に駆け付けたOB、そして野球部はじめとする大応援団が集まった、日体大荏原都立淵江の試合は初回から大きく動いた。

 日体大荏原の先発・佐々木瞭は身長180センチの上背から角度のある真っすぐと、大きく変化するカーブを軸にピッチングを組み立てる。しかし、都立淵江の2番・滝歩斗にセンターに弾き返される。さらに、3番の山田怜央にはレフト線に二塁打を打たれ、一死二、三塁としてしまう。

 だが続く4番・住吉光栄が打ち返したサードゴロで、三塁ランナー・滝を挟殺プレーでタッチアウト。さらに二塁への進塁を試みた打者走者の住吉をタッチアウトに仕留めるダブルプレーで、日体大荏原は初回のピンチを脱する。

 守備で勢いづいた日体大荏原は直後の攻撃で、1番・赤塚 渉太が3球目をレフトフェンスに突き刺す先頭打者ホームランを放ち、幸先よく点数を奪った。
 このホームランでさらにエンジンがかかった日体大荏原は、続く2番・平田 涼がレフトへ見事な流し打ちを見せ、チャンスを作る。3番・江幡隼斗の打席の間に平田は盗塁を決めて、無死二塁。打席の江幡はピッチャー前に送りバントを決めてランナーを三塁に進める。ここで4番の山田 杏太は、センターへ犠牲フライを放ち、この回2点目を挙げる。

 初回に2点のリードをもらった日体大荏原の佐々木は、2回以降もランナーを出しても後続をキッチリ抑える粘りのピッチングで、都立淵江の反撃を食い止める。

 すると3回、この回先頭の日体大荏原の1番・赤塚が四球を選ぶと、ヒットと四球でチャンスを拡大。無死満塁の状況になり4番・山田のところで押し出し四球で3点目。さらに5番・佐々木がセンターに犠牲フライを放って、4点目。その後二死から8番・向山翔太の打席で相手バッテリーのミスがあり、3回までに5点のリードを日体大荏原が奪う。

 4回には3番・江幡と4番・山田からホームランが飛び出し、5回終わって9対0。日体大荏原が大きくリードしこのままゲームが進むかと思われたが、6回に都立淵江打線が牙をむく。

 先発の佐々木、4回からマウンドに上がっていた川内雅樹のあとを引き継いで、3番手として5回から登板していた背番号11の徳永秀将が、一死から都立淵江の4番・住吉を味方のエラーで出塁させる。続く5番・渡邊旺人には死球を与えてしまい自らピンチを広げると、6番・小松崎龍平にセンター前に弾き返され、一死満塁とされる。
 ここで8番途中出場の佐藤風我にセンターへタイムリーを許し、都立淵江に2点を返される。

 都立淵江スタンドのボルテージは最高潮に達し、ここから巻き返そうかと言わんばかりの勢いだったが、反撃はここまで。4番手としてマウンドに上がった片峯太子が7回の都立淵江の攻撃を無失点に抑えゲームセット。9対2の7回コールドで日体大荏原が2回戦進出を決めた。

(レポート=編集部)