中盤に集中打を放った都立広尾が2回戦進出を決める

 昨日の雨の影響で夏にしては少し涼しい気候となったが、神宮第二では今日から熱い戦いの火ぶたが切って落とされた。

 都立広尾都立浅草・かえつ有明・都立科学技術・都立桐ヶ丘の四校連合の1回戦は静かな立ち上がりとなった。
 1回表、先にマウンドに上がった都立広尾のエース・嶺太陽は綺麗な縦振りの右腕から投げられる真っすぐとカーブ、縦のスライダーを駆使して、初回無失点で立ち上がる。

 守備で作った良いリズムを攻撃に繋ぎたい都立広尾だったが、都立浅草・かえつ有明・都立科学技術・都立桐ヶ丘の先発のサウスポー魚谷旬平のストレートと緩急の利いたカーブ、そして時折見せる縦のスライダーを中心としたピッチングを前になかなかチャンスが作れない。

 しかし3回、この回先頭の都立広尾9番・落合竜麻が内角にきた7球目を捉える。打球はグングン伸びて、そのままレフトスタンド中段に突き刺さる先制ホームランとなる。
 このホームランを皮切りに、3番・星拓樹、4番・木下照凱のタイムリーを含む4本のヒットと相手のエラーでこの回一挙4点を奪う。

 続く4回も9番・落合が右中間に二塁打を放ってチャンスメイクすると、2番・土畑達也が送りバントでチャンスを広げる。この場面で、3番・星が右中間に二塁打を放ち6点を奪って、4回を終わって10対0と都立広尾が大量リードを奪った。

 10点差がつき、5回を抑えればコールドで勝利が決まる。残りアウト3つだったが、都立浅草・かえつ有明・都立科学技術・都立桐ヶ丘の反撃を受ける。
 2番手としてマウンドに上がった背番号19の合田勇輝だったが、5番・新倉琉生にライトへヒットを許す。すると、続く6番山田青空のところに代打として入った手塚健斗に右中間に二塁打を打たれ、ピンチを広げる。さらに7番永田健にレフトにタイムリーを打たれ2点を返される。

 さらに6回にも都立広尾都立浅草・かえつ有明・都立科学技術・都立桐ヶ丘の1番・魚谷にセンター前にヒットを許すと3番・今仁武の時に盗塁を決められ、得点圏にランナーを背負う。ここで4番・井上輝一が左中間へのタイムリー2塁打でさらに1点を都立浅草・かえつ有明・都立科学技術・都立桐ヶ丘に返される。

 中盤嫌な流れが漂いだした都立広尾だったが、6回に再び猛攻を見せる。
 この回先頭の5番・久安剛司が四球で出塁すると、2本のヒットで1点を追加し11対3。なおも二死ながら二、三塁にランナーを置いた状況で途中出場の背番号18・志拓磨がセンターにタイムリーを放ち、2人のランナーが生還。13対3の6回コールドで都立広尾が2回戦に駒を進めた。

 魚谷、嶺の両投手は打たせて取るピッチングを見せ、非常にテンポの良い試合展開となった。守備のエラーや甘い球を逃さないバッティングといった部分で差が出たこの試合。やはり夏は一つのエラーが試合の流れを決めかねない。油断できない緊張感があるが、それこそ夏の高校野球の面白さでもある。それを再確認できた試合だった。

 (レポート=編集部)