三浦の投打にわたる活躍で日大鶴ケ丘、ノーシードから決勝進出

 

 国士舘の先発は草薙 柊太日大鶴ヶ丘の先発は勝又 温史。プロ注目で東京を代表する速球投手の対戦となった準決勝の第2試合は、2番手投手が勝敗を左右した。 

 

 1回表国士舘は、1番・内藤 晃が内野安打で出塁すると、盗塁などで三塁まで進み、4番・門間 大樹の中犠飛で国士舘が1点を先制。

 その裏日大鶴ヶ丘は、2つの四死球などで二死二、三塁とし、5番、エースの勝又がワンバウンドでスタンドに入るエンタイトル二塁打を放って2人が還り、逆転する。

 

 日大鶴ヶ丘の勝又も、国士舘の草薙も、140キロ台の速球を投げ込んでいたが、勝又は149キロの速球を投げ込んでおり、球速では勝又が上回っていた、ただし、この日の勝又は、130キロ台のカットボールなど、変化球も多く織り交ぜての投球であった。

 

 日大鶴ヶ丘は、2回裏も2番・鈴木颯人の内野安打などで1点を追加。国士舘は3回から草薙に代えて、エースの石井 崚太が登板した。2番手として登板した石井も調子は今一つで、4回裏には日大鶴ヶ丘の1番・中尾大樹の右前安打などで1点を追加される。

 

 それでも国士舘は5回表、主将の嶋崎 優介の本塁打を皮切りに、3番・倉田 和明の二塁打、4番・門間 大樹の三塁打など長短6本の安打を集めて勝又を攻略し、4点を入れ5-4の国士舘リードで折り返す。

 

 日大鶴ヶ丘は6回表から勝又に代わり、三浦 拓真を登板させる。変則トルネードの三浦は、思い切り体をそらせて、力のあるストレートや縦に曲がるカーブなどで国士舘打線を翻弄。4回を投げて1点も与えず、試合の流れを作った。

 

 三浦は打つ方でも、6回裏一死二塁の場面で打席に立ち、ライト線への三塁打を放ち同点に追いつく。さらに1番・中尾のこの試合3安打目となる右前安打で三浦が生還し、日大鶴ヶ丘が逆転する。

 

 8回裏には7番・菅原穣一がこの試合3安打目となる内野安打で出塁した後、三浦がレフトへの二塁打を放ってダメ押し。7-5、プロ注目のエース同士の対決で始まった日大鶴ヶ丘国士舘の一戦は、2番手で登板した三浦の投打にわたる活躍で日大鶴ヶ丘が勝利。ノーシードながら、決勝戦に進出。決勝戦は日大三との日大勢対決となった。日大勢同士の対戦は、過去にも激しい戦いになったことも多く、好ゲームを期待したい。

 

 左の3本柱を擁し、優勝を目指した国士舘であったが、秋に続き、夏も準決勝で敗退した。

 

文=大島 裕史

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ