国士舘、左腕3本柱のリレーで善戦の都立国分寺を振り切る

 

 ノーシードから勝ち上がってきた都立国分寺が、春季都大会準優勝の国士舘に挑んだ一戦。それでも国士舘の永田昌弘監督は、1990年の夏に国分寺に敗れたことを鮮明に覚えており、油断はない。先発投手には、左腕3本柱の中で、最も安定感のあるエースの石井 崚太を起用した。国分寺はエースの佐藤隆太郎を起用する。

 

 1回表国士舘は、1番の倉田 和明が佐藤の4球目を叩くと、打球はレフトスタンドに入る先頭打者本塁打となった。

 

 2回表も国士舘は、内野安打2本に死球で一死満塁とし、1番・倉田の中犠飛で1点を入れる。こうなると、格上の国士舘が、圧倒的に優位であることは確かだ。しかしいきなり本塁打で先制した後は、振りがやや大きくなり、コーナーをうまく突く、国分寺の佐藤の術中にはまり3回以降は走者を出しても得点を奪えない。

 

 国分寺は4回裏に反撃に出る。この回先頭の2番・宮村航平が中前安打で出塁すると、すかざず二盗。仕掛けてくるのが国分寺・森勇二監督だ。3番・宮本壮の二ゴロで三塁に進むと、二死後、5番・酒本拓海は投ゴロ。これを国士舘の石井が一塁に悪送球。宮本が生還した。

 

 国分寺にとって惜しまれるのが6回裏の守り。国士舘が7番・三井 一樹、8番・石井の連打で一、二塁とした後、9番・黒川 麟太朗の初球に、走者2人が飛び出すと、国分寺の捕手・酒井が飛び出した二塁走者を二、三塁間に挟もうと追いかける。しかし酒井の三塁への送球が暴投になり、三井が生還した。

 

 国分寺にとってはもったいない失点であったが、その裏すぐに1番・楠嶺浩斗、2番・宮村の連続二塁打で1点を返す。大応援団の声援を受けた国分寺が、気持ちの上では押し気味になっていた。

 

 けれども国士舘は試合の流れを渡すまいと、7回裏からは先発の石井に代わり、草薙 柊太が登板。最速147キロの速球で押す。それでも国分寺は8回裏、3番・宮本の二塁打、4番・野原一将の内野安打で二死一、三塁とすると、宮本は一瞬の隙を突いてホームスチールを企てるが、国士舘が落ち着いて対処してアウト。

 

 9回表に国士舘は3番・門間 大樹が本塁打を放ち、9回裏は井田 尚吾も投入。万全の左腕3本柱の豪華なリレーもあり、4-2で国士舘が接戦を物にした。

 

 国分寺は、敗れはしたものの、積極的なプレー、好守が目立ち、国士舘相手に気後れすることなく立ち向かったのは素晴しかった。国分寺が西東京の都立の強豪として名乗りを上げる契機となる試合になったのではないか。

 

 勝った国士舘は準決勝で創価日大鶴ヶ丘の勝者と対戦する。どちらにも素晴らしい投手がいるだけに、好試合を期待したい。

 文=大島 裕史

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ