日大三打線、ようやく本領発揮! 15安打の猛攻で、駒澤大高を一蹴

 

 この大会日大三は、打線のつながりが乏しく、まだ本来の力を発揮できていない。対する駒大高は、「フライボール革命」という言葉が、メジャーリーグを中心に流行する前から、バットを下から上に振り上げる、フルスイングをしていた。この打線、一度ツボにはまると、かなり強力である。一発長打を警戒しなければならない相手だけに、日大三中村 奎太が先発。駒大高は左腕の佐々木健太と、ともにエースが先発した。

 

 1回表日大三は、四球の1番・金子 凌木代 成の犠打で二塁に進み、3番・日置 航の中前安打であっさり先制した。日置は二盗し、打撃もいい、5番・中村の中前安打で日置が生還し、この回2点を入れた。

 

 この日は、日大三のエース・中村の調子が今一つ。1回裏駒大高は一死一、三塁から4番の東郷倫朗の中前安打で1点を返す。続く5番・不破啓輔が駒大高らしく、しっかり打ち上げた中犠飛で同点に追いつく。

 

 しかしこの日の日大三打線は好調で、2回表は二死から1番・金子の中前安打、2番・木代の二塁打で勝ち越し。春季関東大会では当たっていなかった木代は完全に復調したようだ。

 

 日大三は、3回表は9番・齊藤 龍二の二塁打などで3点。さらに日大三は、4回表には2番・木代、3番・日置、4番・大塚と3人続けて二塁打を放つ猛攻で3点を追加した。

 

 しかし4回裏の駒大高、この回先頭の7番・鈴木晴弥にフルカウントとなったところで、中村は腕が吊ったため、大事をとって降板。左腕の河村 唯人が緊急登板する。河村は春季都大会準決勝の早稲田実業戦でも似たような形で緊急登板して抑えており、この試合でも慌てない。河村は鈴木晴を左飛に打ち取る。その後、二死一、二塁となったが、駒大高の2番・鈴木大智の左前安打で、二塁走者が一気に本塁を突いたが、これはアウト。

 

 6回表には、河村や、上野 隆成高木 翔己にも安打が出て全員安打が成立。この回一気に4点を入れ、13-2の6回コールドで日大三駒大高を破り、準々決勝進出を決めた。

 

 駒大高の佐々木は、15安打、13失点と打ち込まれたが、最後まで懸命に投げ切った。フルスイングが挑む打線には、清々しさを感じた。

 

 勝った日大三は、この大会3試合目にしてようやく、本来の当たりが出始めた。途中で降板した中村の状態が気になるものの、ようやく優勝候補らしさが戻ってきた。

 

(レポート=大島 裕史)