国士舘、1回の集中打で都立調布南を6回コールドで下す

  

 都立調布南は、3年前は4回戦に進出するなど、時折上位に進出する力は持っている。しかし春季都大会準優勝の国士舘とは、力の差が歴然とあった。国士舘は1回の攻防から、その力をみせつける。

 

 左の3本柱を擁する国士舘は、いわばローテーション通り、井田 尚吾が先発。1回表、都立調布南は1番。壱岐祐輔が内野安打、2番・佐藤隆斗が四球で出たが、3番・溝口拓実が三ゴロの併殺に終わり、得点できない。左投手によくある不安定な立ち上がりは、井田を攻略する唯一のチャンスだったのかもしれない。4回表に3番・溝口の三塁打と5番・原哲平のスクイズで1点を取ったものの、これは勝負がついた後。井田は危なげない投球で6回を投げ切った。

 

 攻撃の方では1回裏、無死一、二塁から3番・門間 大樹の左前安打で国士舘が先制すると、4番・嶋崎 優介が四球の後、5番・内藤 真の二塁打で2点が入り、さらに失策も加わり、この回国士舘は打者9人で6点を挙げる猛攻をみせた。

 

 さらに2回裏には1番・倉田がレフトスタンドに本塁打。2番・内藤晃は内野安打に失策も絡んで三塁に進むと、3番・門間の右犠飛で1点を追加した。

 

 それでも都立調布南の先発・酒井大成は、3回は無失点で切り抜ける。都立調布南は4回裏からは原哲平、6回裏は三上幸汰、五味進一とつないだが、4回、5回に1点ずつ取られ、6回裏も一死一、二塁から外野手の落球で11点目が入り、6回コールドが成立した。

 

 都立調布南は5回戦に進出する健闘をみせたが、ここから先を戦うには、もう一段のレベルアップが必要であり、この敗戦を、それを目指すモチベーションにしてほしい。

 

 国士舘の井田は6回を投げて被安打3、奪三振7の失点1。石井 崚太草薙 柊太という左の3本柱が競い合いながら、準々決勝以降の戦いに臨む。

 

(レポート=大島 裕史)