八王子がベスト16へ!野村大樹の高校野球、ここに終幕

 早稲田実業vs八王子

 2015年から4年連続で実現した。ここまで1勝2敗で2年前は八王子が勝利し甲子園への切符を掴んだ。今回はどちらが勝利を手にするのか。大注目の一戦を見逃すまいと多くの観客が詰めかけるなか、試合は初回から動く。

 先攻・早稲田実業の攻撃を八王子先発・津吹ヒカルが無失点に抑えると、直後の攻撃で1番・越村 周が四球で出塁。すると続く2番・芝山武尊はショートゴロに倒れるも、ランナーがエンドランでスタートを切っていたため、一死二塁の先制のチャンスとなる。

 ここで八王子は、3番・初鹿野 滉平が抑えられ二死になる。だが、4番・高橋 優介が浮いてきた真っ直ぐを左中間に運ぶ三塁打で八王子が先制点をもぎ取る。

 初回から八王子はプレッシャーのかけ方は絶妙だった。早稲田実業の先発・伊藤 大征が1番・越村の時に初球と2球目を投げた際にイーガルピッチを宣告されている。自分の思い通りの投球フォームで投げられない。伊藤には動揺があったはずだ。その動揺を突き、大事な先制点を取った。

 リードをもらった八王子先発の津吹は、コントロール抜群のサウスポー。ストレートと縦に落ちる変化球を軸に、内と外の出し入れのピッチングで初回、そして3回それぞれで2番・野田 優人と3番・野村 大樹にヒットを許したが、後続を抑えてリードを守る。

 3回には、1番・越村が右中間を破る三塁打と、早稲田実業バッテリーのエラーで2対0とリードをさらに広げた八王子。だがしかし、4回の早稲田実業の攻撃。一死から6番・川原崚が甘い変化球をセンターに弾き返すと、続く7番・毛塚悠伸は高めの真っ直ぐをレフトに運ばれ無死一、ニ塁。さらに8番・長谷川航大にセンター前ヒットを打たれ、これで無死満塁とする。

 このピンチで打席の9番・伊藤に投じた初球がバッテリーエラー。急いでボールを拾ったキャッチャー・越村が津吹に返球。
 津吹はそのボールを掴みサードを見ると、ランナーが中途半端な場所まで飛び出していた。これを見た津吹はサードへ送球。だがこれがまさかの悪送球となり、ランナーが生還。1点差に縮められる。

 1点差に詰め寄られ、何とか中押しの1点が欲しい八王子は4回、5回とランナーを三塁まで進めるも、早稲田実業から最後の一本が出ず、前半は2対1で試合を折り返す。