都立豊多摩健闘!日大三、飯村の2ランなどで突き放すも不完全燃焼

 

 初戦、日大三都立杉並の健闘に苦しめられた。都立豊多摩も同じ杉並区内の都立校。しかも都立豊多摩は、秋季都大会の1次予選で日大三と対戦し、0-9で対戦している。都立豊多摩のベテラン・平岩了監督にも期すものがあったはずだ。

 

 都立豊多摩の先発はエースの田中英輔。1回裏日大三は、春季大会からの好調を維持している1番・金子 凌が右中間を破る二塁打を放つと、前の試合では当たりが出なかった3番打者で主将の日置 航が中前安打を放ち、日大三の理想的な点の取り方で先制する。それでも都立豊多摩の田中は適当に荒れており、日大三としても攻撃を仕掛けづらい。

 

 日大三の先発は左腕の河村 唯人。春季関東大会などでも好投し、日大三投手陣の中心的存在になりつつあったが、この試合の投球は今一つ。3回表は二死から、1番・東浦晃明、2番・石田悠斗、3番・高橋慧光の3連打で2点を入れ、都立豊多摩が逆転に成功する。

 

 それでも日大三は、その裏、日置の三塁打を足掛かりに、すぐに同点に追いつく。さらに4回裏は、3四死球で満塁となったところで、日置が左前安打を放って2点を追加した。

 

 5回裏には、都立豊多摩の2番手・宮下昌士から、走者1人を置いて代打・飯村昇太がライトスタンドに飛び込む2ランを放ち、リードを広げる。6回裏も、1点を追加し、7回裏には佐藤 英雄の本塁打で、さらに突き放した。

 

 日大三は5回表から、長身の廣澤 優を投入。8回表都立豊多摩は、当たっている1番・東浦の中前安打で出塁すると、6番・馬場晶大の中前安打で生還した。都立豊多摩のしっかり振り切る打撃は、日大三を苦しめた。

 

 結局8-3で日大三の勝利。主将の日置が3安打の活躍をするなど明るい材料もあったが、十分に崩しきれず、日大三のペースにはならなかった。5回戦の駒大高戦では、本来の姿を取り戻すことができるか、注目される。

 

 一方都立豊多摩は、都立城東などで監督を務めた平岩了が監督に就任して3年目になり、確実に力を上げている。今後も成長が期待される。

 

 (文=大島 裕史)