都立狛江、黒田、走者一掃の三塁打で壮絶な点の取り合いを制する

  

 都立狛江中大杉並の両校は、1カ月ほど前に練習試合を行い、その時は11―1で都立狛江が圧勝したという。しかし高校球児には、そんな過去の戦績など、ほとんど意味をなさない。

 

 都立狛江は、身長190センチの長身・三厨友椰が先発。中大杉並は、三厨の立ち上がりを攻め、1番・松本成雄の二塁打などで1点を先制する。しかしその裏都立狛江は、中大杉並の先発・谷津俊介を攻め、3番・黒田健太の三塁打などで2点を入れて逆転する。

 

 それでも中大杉並は2回表に谷津の三塁打などですぐに追いつくと、二死二塁から相手遊撃手の失策で逆転する。ところがその裏は、中大杉並に失策が続き、都立狛江が2点を入れてすぐに逆転し、3回裏も中大杉並・谷津の暴投などで2点を追加する。序盤は守備の乱れもあり、この先どうなるかと思わせる、荒れた展開になった。

 

 それでも3回途中から谷津をリリーフした中村颯人が安定した投球をし、中大杉並側は、一旦ゲームを落ち着かせる。

 

 中大杉並都立狛江の三厨から4回、5回と1点ずつ取って、追い上がると、6回表に都立狛江は三厨から左の太田凱貴に交代する。その代わりばなを中大杉並の7番・小林晃汰が二塁打し、暴投で三塁に進んだ後、9番・螺良雄哉のスクイズで1点を入れ、同点に追いつく。

 

 7回表には、3回途中から中村にマウンドを譲り、右翼手になっている谷津の三塁打などで逆転する。 

 好投していた中大杉並の中村であるが、7回裏に2四死球などで満塁とすると、3番・黒田にこの試合2本目となる三塁打を打たれ、満塁の走者を一掃して、都立狛江が再度逆転。8回裏にも1点を追加する。

 

 追い込まれた中大杉並であるが、9回表は2番で主将の岡野悠晟の四球、3番・冨島悠介の中前安打に、相手投手の暴投もあり、一死二、三塁とし、途中出場で当てっている1年生の木村陸の右前安打で2点を入れて1点差に迫ったが、あと1本が出ず、10-9で狛江が逃げ切った。

 

 中大杉並は、2年前は主将で捕手であった澤野雄哉監督の兄貴のようなリーダーシップのもとよくまとまり、1カ月前の練習試合で大敗した都立狛江を苦しめた。あと一歩及ばなかった無念は、1年生ながら活躍した木村など、1,2年生がしっかりと受け止めているだろう。

 

 一方都立狛江は、中大杉並の追い上げの前に、後半やや受け身になったところもあったが、最後の勝負強さはさすがであった。4回戦は都立国分寺との都立勢対決になる。

 

 (文=大島 裕史)