都立狛江、猪瀬、三厨の好リレーで穎明館に快勝

 14年前は西東京大会で準優勝した穎明館と、5年前はシード校で、夏はベスト8を2回の都立狛江という、実績を残している学校同士の対戦。

 

 都立狛江の先発、背番号11の猪瀬悠人は、サイドに近いスリークォーターからチェンジアップなどの変化球を有効に使い、順調な立ち上がり。穎明館の先発、背番号1の2年生・井川啓士は、走者は出すものの、1、2回は得点を許さなかったが、3回裏につかまる。

 

 この試合ラッキーボーイ的な存在になった都立狛江の9番・本吉玄が、レフトオーバーの二塁打で出塁すると、三盗を決め、3番・加藤詩馬のスクイズが内野安打になって、1点を先取。加藤も敵失や、2四死球で還り、この回都立狛江が2点を先制する。4回裏も都立狛江は、本吉の安打から1点を追加する。

 

 この回の途中から穎明館は投手を井川から、3年生の藤野天馬に交代したが、都立狛江の猛攻を抑えられず、5回裏には一死一塁から6番・三嶋大翔の右中間を破る二塁打で1点を追加。7番・岩本彪慎も左前安打で続き、9番・本吉の右前安打で1点を追加した。

 

 穎明館は6回表に1番・宮瀬幸希が四球で出ると、二盗し、2番・藤野の中前安打で1点を返し、反撃をする。しかし8回表から都立狛江は身長190センチと大柄な三厨友椰が登板。やや手投げ気味だが、長身から投げる球には威力があり、いきなり奪三振2を含む三者凡退で切り抜ける

。 

 8回裏都立狛江は2点を追加し、なおも一死一、二塁とし、あと1点入ればコールというところまで追い詰めたが、穎明館も必死に守り、追加点は許さない。

 

 9回表穎明館は、敵失2に四死球2という形ではあるが、粘って1点を取った。相手のミスによるもらった得点かもしれないが、1、2年生が多いチームだけに、次につなげてほしい1点である。

 

 穎明館は登録選手が15人でうち3年生が7人。このままだと新チームになる秋は、単独チームでの出場は厳しくなるが、どのような形であれ、この試合の経験を糧にしてほしい。

 

 勝った都立狛江の西村昌弘監督は日大鶴ヶ丘出身。3年生の夏は全国制覇した日大三に準々決勝で大敗した。その時の日大三のメンバーである内田和也は、現在立正大立正の監督である。21世紀の最初の球児であったこの世代の監督も、これから注目である。

 

 (レポート=大島 裕史)