拮抗した試合を制した南平が本大会出場を決める


好投を見せる南平 下位 健介投手

 季節外れの天候は試合をする選手にとって厳しい状況の中だったが、本大会出場をかけた都立南平翔陽の一戦が行われた。

 翔陽の先発岸田 悠史は初回に都立南平の3番橋本 聖にヒットを許すも、後続のバッターを抑え序盤は順調なピッチングを見せる。
 一方の都立南平先発の下位 健介も初回はヒットでランナーを出したが、後続のバッターをキッチリと抑える。だが岸田 悠史より先にピンチを迎えた。一死から6番西川 大生にヒット、7番藤本 紘希を四球で出塁を許す。次の8番中川 祐介が見事に送りバントを決め、二死2,3塁のピンチを背負うもマウンドの下位 健介は顔色を一切変えずに9番の岸田 悠史を三振に抑え、ピンチを切り抜ける。

 両投手の持ち味を生かしたピッチングを前に均衡が崩せないが4回裏に均衡が崩れた。5番の宮部 海翔のヒットと盗塁で、二死2塁の場面で8番中川 祐介が打席に立つ。マウンドの下位は先ほど同様このピンチも淡々と投げていたが、中川 祐介が放った打球は右中間に落ち、先制点は翔陽が上げた。先取点をもらった翔陽先発の岸田 悠史は、打者を打ち取るピッチングで都立南平打線を寄せ付けずに前半を折り返す。

 突破口が見当たらない都立南平だが、6回にチャンスを迎えた。相手のエラーとヒットが絡み、得点圏にランナーを溜めると、3番の橋本 聖がレフトへのタイムリーを放ち同点に追いつく。続く4番の遠藤 涼の犠牲フライ、5番の下位 健介のタイムリーで3点を奪い逆転する。

 今度は追う立場となった翔陽は7回にチャンスが巡ってくる。この回先頭の7番藤本 紘希がヒットと味方のエラーが絡んで一死満塁の場面を作る。
 終盤の7回で追いつけば試合の流れはわからなくなる大事な状況で下位 健介は落ち着いて投げ、2番長嶋 僚平を三振、3番竹村 元希をセカンドゴロに仕留めた。その後は都立南平が追加点を重ね、6対1で翔陽を下した。

 追いつく状況は得意だと語ってくれた都立南平の山田 亮太監督の通りの試合運びになったこの一戦。いかに自分たちの野球を貫けるかが分け目となったのかもしれない。