2018年03月18日 東海大菅生高校グラウンド

東海大菅生vs穎明館

2018年春の大会 春季大会 一次予選 第12ブロック 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

もがき続けた中尾剛、覚醒の予感をさせる5回11奪三振


中尾剛(東海大菅生)

 昨夏の甲子園ベスト4・東海大菅生が初戦を迎えた。昨秋は一次予選で敗退し、長い冬を送ったが、その分、しっかりと力をつけてきた。3月の練習試合では6試合こなして、5勝1敗。それも県外の強豪校相手に勝利を見せてきた。しかし若林監督は「練習試合と公式戦は別。なかなか力が出ないよ、これぐらいのことしかできないよということは選手に話をしました。公式戦に慣れて、自分たちの力を発揮できるようにすることがテーマです」と一次予選へ向けてのテーマを話してくれた。

 選手たちは公式戦初戦の難しさを実感しながらも、高い実力を発揮した。

 1回裏、東海大菅生は一死二、三塁から4番片山 昂星が詰まりながらもレフトへ落ちる二塁打を放ち、2点を先制。さらに5番伴野 匠の左前適時打で3点目を入れた。

 そして先発の中尾 剛が好投。前年から経験豊富な左腕だ。夏の甲子園ではベンチから外れ、秋の練習試合でも撃ち込まれることが多かったしかし。能力は低い投手ではない。左腕から130キロ後半の速球、切れ味鋭いスライダーも持ち合わせ、打っても打撃センスは高く、俊足とまさに野球センス抜群の逸材。その実力を発揮できない精神面が課題だった。そのため若林監督が下した決断は主将抜擢だった。

 中尾が主将に就任したのは、11月末。そこから東京都抽選会の2月26日まで務めた。主将を務めたことで、中尾は「周りが見られるようになりましたし、練習試合、公式戦でも落ち着いて入ることができます」と3月からの練習試合では好投を続けてきた。そして投球フォームを目を向け、これまでオーバースローだったが、スリークォーターに切り替えたことで、コントロールも、スライダーに安定感が出た。投球フォームを見ていてもコンパクトなテークバックからトップに入ったときにしっかりと肘を上げていき、体の近くで振り下ろすことができる実戦的なフォームである。

 立ち上がりから好投を続けた中尾。2回まで危なげなく抑えた中尾だが、ベンチから激が飛び、気合を入れた中尾は「全力で投げていきました」と、回転の良いストレートと横に鋭く曲がるスライダーのコンビネーションで奪三振ラッシュ。2回二死から5回二死まで9者連続三振と、圧巻のピッチング。5回を投げて、投球数60球、被安打1、11奪三振、無失点と抜群の内容を残した中尾だが、「三振をとれたのはよかったんですけど、あまりよくないボールでも三振になっているので、内容自体は良くないですし、ピッチングには納得いっていないです」と自己評価は厳しかった。

 若林監督は「主将をやったことで中尾も自覚が出てきましたね。彼の潜在能力からすればこれぐらいやってもらわないと困る投手。今後も続けてほしい」と普段から中尾に対して厳しく接する指揮官もこの試合のピッチングを大きく評価した。現時点の実力は、今年の東京都でも屈指の左腕だろう。身体能力も高く、素質自体は東海大菅生のOBでドラフト候補として注目される高橋 優貴(現・八戸学院大)に迫るものがある。伸びしろを大きく持った逸材として今後も見逃せない。

【次のページ】 東海大菅生vs穎明館(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
郁文館vs聖徳学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大菅生が5回コールド勝利!日本学園が日体大荏原から逆転勝ちした7試合を徹底レポート!【秋季東京都大会一次予選】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大菅生vs都立小川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
【東京】3連覇目指す国士舘は初戦から好カード!?東海大菅生、帝京など秋季大会の組み合わせが決定!<トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第130回 ラストチャンスにかけた最終打席は申告敬遠。東海大菅生の4番・杉崎成はスラッガーとしての大成はこれから【高校野球コラム】
東海大菅生vs帝京【東京都 2020年 夏季東西東京都高等学校野球大会 東西決戦】
東海大菅生vs佼成学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
東海大菅生vs創価【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
穎明館 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

東海大菅生夏に向けて菅生MAX 2018.02.28
最後の夏、この夏のために辛い日々を乗り越えて来た。
秋は一旦停止したけど、ここからはノンストップ!
今年こそ、あの頂きから景色を見よう!
東海大菅生記録は記憶へ菅生が1番 2018.02.26
昨年は、甲子園ベスト4という記録を残した。しかし、それはもう過去の記憶の中にしまって、新チームでの躍進という記録を残そう。春は夏の予選に向けてのきっかけづくりだ。全国制覇を目標とするなら、どんな相手でもいつも通りの粘りの菅生野球を貫いて、新しい記録を刻もう。頑張れ菅生!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る