日大桜丘、キーマンの復活と新エースの粘投の活躍で安田学園に粘り勝ち!


林勇介(日大桜丘)

 安田学園vs日大桜丘
一次予選から強豪校同士の対戦が実現。試合は最後まで手に汗握るものとなった。

 先手をとったのは、安田学園。3回表、一死から二、三塁から4番森 一光が放った痛烈な二ゴロ内野安打。この間に2点を先制する。しかし日大桜丘もその裏に反撃開始。

一死から日大桜丘の佐伯雄一監督が「このチームの中心選手」と期待する1番林 勇介が打席に立った。第1打席は空振り三振だったが、第2打席では「監督の佐伯先生が高めは捨てなさいと指示が出ていたので、自分が打てるストレートを狙いました」と言葉通り、甘く入った直球を見逃さず二塁打。佐伯監督お「彼が打つと勢いづくだけに、この一打は大きかった」と評価。林は塁上で大きくガッツポーズ。その後、2番石田 壮一郎の内野安打で一、三塁とチャンスを広げると、3番平元 太規の遊撃内野安打で1点を返すと、その後、満塁のチャンスから5番鈴木 達弥の犠飛の間で同点に追いつく。

 佐伯監督の言葉通り、林の一打でチームは勢いづいた。林は175センチ65キロの巧打の二塁手。昨夏の国学院久我山戦では、先頭打者本塁打を放つなど、打撃の潜在能力は非常に高く、スタンスを大きく広げた構えから、空振り三振を恐れない豪快なスイングから鋭い打球を連発。さらに持ち替えの速さと切り返しが速い二塁守備が光る選手だ。グラウンド上で存在感を示している林だが、実は昨年の11月に、金属バットが顔に直撃する大けがを患い、長い入院生活を送っている。3月の復帰も厳しいケガだったようだが、「絶対に復帰したかった」と強い決意で、リハビリに励んできた。そしてチームメイトも驚くほどの回復力でグラウンドに復帰したのであった。

 頼りになる核弾頭の復活で、日大桜丘は一歩踏みとどまった。