佼成学園、攻撃的な守りで国士舘を下し、50年ぶりの決勝進出!



先発・中村陸人(佼成学園)

 国士舘佼成学園も、ここまで伴に守り抜いて勝ち上がってきた。特に国士舘の先発・石井 峻太は、3回戦早稲田実業戦は被安打4の完封だったのをはじめ、この大会では得点を許していない。

 一方佼成学園準々決勝まで先発だった青木 翼でなく、準々決勝の8回からリリーフに立った、故障から戻ってきたもともとエースであった中村 陸人を、「今が旬ですから」(佼成学園・藤田直毅監督)と、先発に立てた。

 先制したのは、国士舘であった。2回表、この回先頭の5番・田中 勇祐がセンターオーバーの三塁打で出塁すると、7番・門間 大樹の二ゴロで生還した。国士舘はエースの石井が先発しているだけに、この1点は重いかと思われたが、その裏佼成学園は、あっさり逆転する。

 2回裏佼成学園は、5番・斉藤 功大、7番・江原 秀星の安打に、9番・岡田 舜の四球で二死満塁とし、打席には1番の笹渕 勇武。投手のモーションのように足を高く上げてタイミングをとるのが特徴的な笹渕は、粘った末に7球目を二塁手の頭を越えて、右中間を破る打球を放つ。これが、満塁の走者を一掃する三塁打となった。国士舘の永田昌弘監督が「計算外」と言う、石井投手からの3点となった。

 この大会の国士舘は、打撃は湿りがちではあるものの、この3点で勝てるほど、甘くはない。それでも佼成学園は、守備においても攻撃的な、思い切りの良いプレーで必死に守る。

 国士舘としては、3点を奪われ反撃したい3回表、この回先頭の9番・石井の打球を、中堅手の岸川 智哉がダイブしてキャッチ。反撃の芽を摘む。