国士舘・井田、奪三振16の快投!健闘の立正大立正を振り切る



井田 尚吾投手(国士舘)

 国士舘立正大立正ともに2日間連続の試合。国士舘は前日、エース・石井峻太の好投で早稲田実業を破った。しかし、こうした大一番の後は、気持ちの持って生き方が難しい。「リセットするように言いましたが、影響はあったかもしれません」と、国士舘の永田 昌弘監督は言う。一方立正大立正は、エースの長瀬 嶺也が前日111球を投げて失点7と苦しんだ。この試合は、継投で切り抜けるしかない。

 立正大立正は背番号10、変化球投手の岡山 太史が先発する。1回表、岡山は制球が定まれず、2つの四球を与える。けれども4番・嶋崎 優介の痛烈な打球は、三塁手・亀山 矩人のグラブに収まる。もしこの打球が抜けていれば、国士舘が大量点を奪っていたかもしれない。しかし0点で切り抜けると、岡山の術中にはまりだす。国士舘は走者を出しても、得点は奪えない。ただ長い回を投げさせるのは、相手の目も慣れてくるだけに禁物。4回表からは、連投となる福嶌竜輔がマウンドに上がる。

 4回表国士舘は、この回先頭の三井 翔太が左前安打で出塁すると、犠打と暴投で三塁に進む。7番・門間 大樹の2球目にスクイズを仕掛けるが外され、三井は三本間に挟まれアウト。ホームが遠い。

 一方国士舘は、2回戦の都立日野戦で完封勝利を挙げた左腕の井田 尚吾が先発。1回裏は奪三振2、3回裏には三者三振に抑えるなど、快調な投球。「スライダーが抜けていましたが、その分、ストレートが走っていました」と井田は言う。

 快調な投球を続けていた井田だが、5回裏はこの回先頭の4番・青木 大空に左中間を破る三塁打を打たれる。それでも、後続の2人は倒れて二死。チャンスは潰れたかに思えたが、7番・溝口 憲司が詰まりながらも気持ちで持っていたような右前安打で青木が生還し、立正大立正が1点を先制する。都大会3試合連続完封勝利の国士舘としては、本大会で初の失点である。