佼成学園、松下の満塁弾で東海大高輪台を突き放す



満塁本塁打の4番・松下 豪佑(佼成学園)

 もともとエース候補であった左腕の中村 陸人の故障でエースの座を担った青木 翼の成長で準々決勝まで勝ち上がった佼成学園が、夏の東東京大会準優勝の東海大高輪台に挑んだ一戦。この両校は、2年前の秋季都大会準々決勝でも対戦している。

 1回表佼成学園は、1番・笹渕 勇武が四球。2番・幸田一真のバントが内野安打になったものの、三塁を狙った笹渕はアウト。初回のこのプレーをはじめとして、この試合佼成学園は、走塁でのミスが目立ち、試合の流れを持って来ることができなかった。

 それに対して東海大高輪台は1回裏、敵失で出塁した1番・宮下 歩は、2番・久保航平の二ゴロで併殺になったものの、続く3番・瀬戸 涼太郎、4番・伊東 翼が四球で歩き、5番・佐藤 豪紀、6番・三浦 諒大と安打が続き2点を先制した。

 東海大高輪台の先発、左腕の西原 秀俊にすれば、大きな先制であったはずだが、西原は膝に故障を抱え、2回で降板。3回からは田代樹が登板した。

 佼成学園は5回表に田代を攻略する。この回先頭の8番・青木が二塁打を放ち、エース自らチャンスを切り開く。1番・笹渕は四球で一、二塁とし、3番・岸川 智哉はライト奥深くに達する三塁打で2人が還り、同点に追いついた。

 佼成学園の青木は、初回こそ2点を失ったものの、2回以降は立ち直り、走者を出しても落ち着いた投球で追加点を許さない。

 一方東海大高輪台は、7回から1回戦、2回戦で先発した梅澤 昂大、8回からは杉崎 夏輝と細かく投手をつないで対抗する。