エース・西原、今大会初登板で自ら3ラン!東海大高輪台、都立東大和に圧勝

本塁打を放った西原秀俊(東海大高輪台)

 1回戦、2回戦と苦しみながらも勝ち上がってきた元祖都立の星・都立東大和が、この夏の東東京大会の準優勝校の東海大高輪台に挑んだ一戦。

 順調に勝ち上がってきた東海大高輪台であるが、ここまでの戦いぶりは盤石でなく、何か物足りなさがあった。その物足りなさの一つが、この夏も活躍したエースの西原 秀俊が、肘の違和感もあり登板しなかったことだ。そしてこの試合、西原が先発のマウンドに立った。

 西原は1回裏に都立東大和に安打を2本打たれるなど、やや不安定な立ち上がり。それでも2回裏、6番・木下 優成の右前安打、8番・加藤涼介の四球による一死一、二塁の場面で、9番に入っている西原がライトフェンスを越える3ランを放ち、自らのバットで投球を楽にした。本塁打について、本人は「まぐれです」と言うが、宮嶌孝一監督は、「西原は芯に当てるのがうまく、バッティングはとてもいいです」と語る。実際、その後の打席は、四球、左飛、左前安打であったが、左右に力強い打球を打ち分けており、パワー、センスとも感じさせる打撃をしていた。

 2回表に3点リードされた都立東大和であるが、その裏、2本の安打と四球で一死満塁のチャンスをつかむ。打席には1番の倉石将希。都立東大和ベンチの出方が注目されたが、強硬策に打って出て、三ゴロの併殺。チャンスを潰した。
「3点入れられた後の、回は重要でした。満塁の場面はスクイズをするべきだったかもしれません。私のミスです」と、都立東大和の福島靖監督は語る。

 ピンチを切り抜けた東海大高輪台は3回表、一死二塁、三塁から暴投でまず1点。さらに7番・山田大晴のレフトへの二塁打、8番・加藤の中前安打などでこの回4点を挙げ試合を決めた。

 この夏の西原の投球は、どちらかと言えば手投げに近かったが、秋の投球をみると、かなり全身を使って投げるようになっている。肘の故障で投げ込みができない分、200メートルや100メートルのダッシュを繰り返すなどして、下半身を鍛えた。

 東海大高輪台は6回表にも、都立東大和投手陣の乱調もあり、4点を挙げ11対0のコールドが成立した。点差は11点と開いたが、安打数は東海大高輪台が8本、都立東大和が7本と、それほど差があるわけではない。ただし、2回の攻防に象徴されるように、東海大高輪台の方がチャンスをしっかり物にしたことと、都立東大和の3人の投手が11個もの四死球を与えたことが点差になって表れた。

 それでも都立東大和は、ベスト16に進出したことで、春はシード校として戦う。もっとも、ノーシードの学校の中にも強豪校が多いだけに、安閑としていられない。
「秋が一番良かったと言われないように、鍛え直します」と福島監督は語る。名門復活は道半ばだが、春以降の成長を期待したい。

 東海大高輪台は、前の試合で6番打者だった主将の伊東 翼が、4番に戻るなど、西原の復帰とともに形が整ってきた。もっとも伊東はこの試合でノーヒット。整った形に中身が伴った時、このチームは本当の意味で優勝候補と呼べるのかもしれない。

(文=大島 裕史)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ