守備の人・横山の2ラン!早稲田実、強豪対決を制する



本塁打の横山を迎える早実ベンチ

 優勝候補同士の注目の対決は、早稲田実業のベテラン・和泉実監督をして、「初めてですね。難しい環境の中でよくやってくれました」と語るように、雨で3度も中止になった末に実現した。当初の神宮第2球場から、町田市小野路球場に移ったことで、千葉県白井市に合宿所がある関東一の米澤貴光監督は、朝4時に起きて、午前9時の試合開始に備えた。

 関東一には石橋 康太早稲田実業には野村 大樹という、ともに3番打者で捕手という強打者を擁する。1回は、両者でその明暗が分かれた。

 1回表、二死後打席に立った関東一の石橋は、レフトに大きな打球。これを早稲田実業の左翼手・齋藤恵太がフェンスを背にして好捕。得点を許さない。

 その裏早稲田実業は二死後、3番の野村がレフトの大飛球。打球は関東一の石橋よりフェンスの高い位置にボールが当たり、二塁打。続く4番・齋藤の打球は三塁ベースに当たり打球の方向が変わるラッキーな二塁打で早稲田実業が1点を先制する。

 それでも関東一は、4回、石橋のレフトへの打球を早稲田実業の左翼手・齋藤が、グラブに当てながらも、足を滑らせ後逸。石橋は二塁に進み、相続の犠打と内野ゴロで生還し、同点に追いつく。

 1回裏に不運な失点をした関東一の先発・平川巧であるが、2回以は立ち直り、得点を許さない。強豪同士の1点を巡る、激しい攻防が予想された。しかし、1対1の均衡は、意外なところで崩れる。

 関東一が同点に追いついた直後の4回裏、中前安打の5番・生沼 弥真人が、6番・中川 広渡の犠打で二塁に進み、打席には7番・横山 優斗が入る。「バッティングは期待されていないので、守備で貢献したい」と言う横山であるが、「前の打席で、カーブで三振を取られたので、絶対来ると思っていました」と言うカーブを叩くと、ライトフェンスを越える本塁打となり、2点が入った。