左の大砲2人が活躍!強打の佼成学園が準々決勝進出



4番・松下が先制の適時打を放つ(佼成学園)

都立高島さんとは練習試合をよく行っているチーム。ですが公式戦となると、やはり難しい相手ですね。守備も堅いですし、崩れない」
試合後、佼成学園の藤田 直毅監督はそう話した。

 佼成学園は初回に四球と3番・岸川 智哉の安打で一死一、三塁とすると4番・松下 豪佑が「投手を楽にさせたかった」という思いから左中間へ適時打を放った。主砲の一打で先制した佼成学園は続く5番・斉藤 功大の適時打と6番・平澤 飛龍の犠飛で2点を追加。初回から3点を奪い、試合の優位に立った。

 しかし、2回以降立ち直った都立高島の1年生エース・高橋 涼の前に追加点が奪えない。なかなか走者も出すことができずにいた。
「打線が繋ぎきれなかった」という藤田監督のコメントがあったが、5回に初回と同様に打線がつながった。

 先頭の9番・岡田 舜が安打で出塁。その後二死となるも、3番・岸川が三塁線を破る適時二塁打を放ち初回以来の得点を挙げる。さらに5番・斉藤にこの試合2本目の適時打が生まれ2点を追加した。

 8回に佼成学園は一死から4番・松下が内野安打で出塁。その後6番・平澤が「試合を決めてやろうと思いました」という、右翼フェンスに直撃するすさまじい打球を放ち松下が生還。さらに7番・江原 秀星が敵失で出塁し、8番・青木 翼の打席で一塁走者・江原がスタート。捕手は二塁へ送ったが江原はストップし、挟殺プレーに持ち込む。この間に三里走者・平澤が本塁を陥れ7点差となり、コールドゲームが成立した。

 投げてはエース・青木が都立高島打線を0に抑え勝利に貢献した。
「球が浮つく場面があったんですけど、フォームを意識するように修正しました」と好投の要因を明かしてくれた。