佼成学園の4番松下が勝負強い打撃を発揮!エース・青木も完封で春のシード権を獲得!



2本のタイムリーを打った松下(佼成学園)

 明大中野八王子vs佼成学園とこの夏、ベスト8まで勝ち進んだ同士の対決。お互い打力があるチームで、打撃戦になることも予想されたが、試合内容は投手戦となった。試合は1回表、佼成学園は二死三塁から松下 豪佑(2年)がチェンジアップを追とらえて中前適時打。さらに、3回表にも、松下は警戒されながらもストライクに入ったところを打ちにいき、見事に安打にした。

 松下は前チームから主軸を打つ左の強打者。高校通算11本塁打を誇り、勝負強い打撃を見せてきた。2本のタイムリーについて松下は、「4番打者として、勝負強いところを見せなかったといけなかったので、なんとしても打ちたかった」と振り返った。

 投げては青木 翼(2年)が好投。右スリークォーターから投げ込む直球は常時125キロ~132キロ程度と決して速くないのだが、スライダー、カーブ、フォークを巧みに投げ分ける投手で、ピッチングができる投手。前チームのエース・桐生 昂汰を思い出させるような投球であった。「一番安定していた先輩でしたし、お手本となる先輩です」と語る青木は、最後までコーナーワークを存分にいかしたピッチングで、96球で完封勝利。二塁も踏ませない投球だった。「今日は本当に調子が良かったですし、自分の意図通りの投球ができました」と笑顔を見せる青木。これで本格派左腕・中村 陸人が控えているのだから、今年も粒ぞろいの投手陣である。

 今年は打力も高く、身体能力が抜群の大型センター・岸本、初戦の堀越戦で左中間へ特大弾を放った平澤 飛龍など長打が打てる打者がそろっている。1年夏から4番を打ち、チームトップの高校通算15本塁打を打っている平澤が6番を打っているのが恐ろしい。

 変化球を巧みに投げ分ける進藤駿の攻めに苦しんだが、いろいろなタイプの投手にも対応できる技術を身に付けると、西東京でも屈指の強力打線になる可能性は十二分に持っている。

 この日の上柚木球場はシード入りした3チームは西東京。ポテンシャルが高い選手がそろっているのが西東京の特徴で、来年もハイレベルな戦いが期待できそうだ。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。