2017年10月14日 上柚木公園球場

岩倉vs八王子

2017年秋の大会 東京都大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

岩倉が3回戦へ!サヨナラで八王子を撃破!



岩倉ナイン

 前日から降り続いた雨の影響で、上柚木公園球場の第1試合は早い段階で中止が発表されたが、「グランド整備を行えば第2試合は行える」という判断の下、連盟の懸命なグランド整備のおかげで、無事に第2試合は開催することができた。
まだ空はどんよりと曇っていて肌寒い天候の中、都大会2回戦は始まった。

 試合の序盤は投手戦となった。
岩倉の先発は背番号1を背負う小川雄太。「1回戦は腕が振れずに不甲斐ない投球だった。今日はとにかく腕を振った」と試合後に語ったように、力強い腕の振りから直球を投げ込み、スコアボードに「0」を並べた。
対する、八王子の先発は背番号10の新垣太基。「想像していたよりも良い投手だった。なかなか点は取れないだろうと思った」と岩倉の豊田監督が試合後に語ったように、伸びのある直球を軸に、ランナーを出しても連打は許さない投球でテンポ良く試合を進めた。

 試合が動いたのは5回裏、岩倉は二死一、二塁と得点圏にランナーを進めて、ここで4番中山椋輔が打席に入る。「ゾーンに球が来たら積極的に振っていこうと思った」と語ったように、カウント2-0から甘く入った直球をセンター前にはじき返し、二塁ランナーが生還。中山が4番の仕事を果たし、岩倉は待望の先制点を挙げた。岩倉は、その後も5番山本竜也のレフト前へタイムリーで追加点を挙げ、試合を優位に進めていった。

 反対に、先制を許して点を取り返したい八王子は、6回表に二死二塁のチャンスを作るが後続が続かず無得点。8回表にも、再び二死二塁のチャンスを作るが、ここも後続が三振に打ち取られチャンスを生かすことができない。

【次のページ】 岩倉vs八王子(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園歴史館で企画展、熱戦のセンバツ~伝統校の軌跡と旋風校の奇跡~が開催! 【ニュース - 高校野球関連】
秋季都大会でシード制導入!? 武井克時氏(東京都高校野球連盟理事長)が今季の展望を語る!! 【ニュース - インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第6回 秋季都大会最大のジャイアントキリング 潜在能力高い二松学舎大附を破った明大中野八王子【東京の高校野球】
第9回 「沖縄強し」を印象づけた語り継がれるベストゲーム【沖縄の高校野球】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
国士舘vs明大中野八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
明大中野八王子vs二松学舎大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
明学東村山vs八王子実践【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
岩倉vs東京学芸大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る