点の取り合いになった試合を最後は岩倉が制す!



勝利した岩倉ベンチ

 多摩一本杉公園野球場で行われたこの日3試合目。岩倉vs多摩大目黒の試合。

 初回から点の取り合いになる。先攻の多摩大目黒は鳶巣 雄大の2点適時二塁打で2点を先制すると、2回には岩倉が5番・山本 竜也のソロ本塁打、さらに8番・檜山 大輝のセーフティスクイズで2点を返す。

 5回に中山 椋輔の二塁打で追加点を奪った岩倉だったが、6回表。多摩大目黒は6番・佐敷 裕太の適時安打で1点を返し同点にすると、二死満塁から9番・佐々木 翼が走者一掃の三塁打を放ち、この回4得点でリードを3点に広げる。

 7回表にも2点を追加され5点のリードを許した岩倉はその裏、6番・田村 奎斗、7番・飯島 大夢の適時打で3点を返すと、8回裏。岩倉が勝負を決めた。二死満塁のチャンスで岩倉ベンチが動き、代打に背番号3の石原 和弥が送られた。「僕は初球が打てる確率が高いので、初球から行こうと思っていました。」と話す石原はその初球を見事に叩き、レフト線を破る3点適時三塁打。これで逆転に成功すると、その後も打線がつながり8回裏に6点を追加。

 その裏の多摩大目黒を抑え、岩倉が8対12で勝利し、2回戦へ駒を進めた。

 試合を決めたのは岩倉の代打石原だった。豊田監督は石原を「真面目で一生懸命」と評価するが、なかなかゲームで力が発揮できていない状況が続いていたそうだ。「それでも腐らずにずっと練習していたので、ここというところで使いたいなと思っていました。本当に良く打ってくれましたね」。石原自身も「絶対に勝ちたかった」と話すように気持ちも乗った決勝打となった。

 8回表までリードしていたが惜しくも敗れた多摩大目黒岩倉の豊田監督は多摩大目黒について「いいスイングをしていましたね。試合前のトスバッティングの時からいいバットの出方をしてる子が多いなと感じていました。ちょっとやばいなという気持ちは正直ありました」と話すように、10安打以上を記録する力ある打線。この敗戦を活かし、来春にさらに成長した姿を見せてほしい。

(文・写真=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ