志田の先頭打者本塁打、松澤無四球無失点で帝京、安田学園に圧勝



松澤 海渡(帝京)

 強豪・帝京に、甲子園出場経験のある安田学園が挑んだ一戦。安田学園は夏に既に実績を残している左腕の清水 雅孝を先発させたが、1回表帝京の1番・志田太陽が3球目を叩くと、レフトのフェンスを越える先頭打者本塁打になり、安田学園の出鼻をくじいた。さらに2つの四球に暴投があり、一死二、三塁の攻撃が続き、5番の白石結太が左犠飛を放ってさらに1点を追加した。

 帝京の攻撃は止まらず、2回表には、内野安打と四死球2で一死満塁とし、2番・伊藤潤の遊直を遊撃手が落球する間に1点。続く3番の田中 悠我が左中間を破る二塁打を放って2人が還り、4番のトラン・ヒー・キエンの中前安打でさらに1点を追加して、この回4点。試合をほぼ決した。

 帝京の背番号1は、1年生の夏からエース格で投げている松澤 海渡。捕手は夏までは遊撃手だった田中が務めるという大型バッテリー。松澤はトルネード投法が板についてきたものの、夏に比べ球威が増しているようには見えない。三振がなかなか奪えず、本人が首をかしげる場面もあった。それでも走者を出しながらも、丁寧な投球が光り、7回を投げて四死球はなかった。三振は4個奪ったが、圧倒している感じではない。それでも、走者を出しても得点を与えないのは、秋のこの段階でも既に、多くの公式戦に登板してきた経験値もあるのだろう。

 安田学園の清水も3回以降は持ち直し、帝京に3回、4回は得点を与えない。それでも5回表には、田中がこの試合2本目の二塁打を放ち、5番・白石が右前安打で還して1点。6回表には8番・川島智行が右中間を破る二塁打。続く松澤のバントは失敗したものの、川島は三盗し、志田の左犠飛で1点を追加した。

 この回を抑えればコールドが成立する7回裏、この回先頭の4番・森 一光が右前安打で出塁。森はその前の打席でも二塁打を放っており、4番打者としての務めは果たした。しかし後続は3人で抑えられて8対0。7回コールドで帝京が勝ち、都大会出場が決まった。

 敗れた安田学園のエース・清水は、夏は岩倉戦で好投するなど、実力はある。しかし帝京レベルになると、甘い球は逃さないだけに、さらなる制球力のアップが望まれる。それでも4番の森など、経験と実力のある選手がいるだけに、都大会に出場できないのは、惜しいチームではあった。

 一方都大会出場を決めた帝京の前田三夫監督は、「打撃は良かった」と、打には一定の手ごたえを感じている。ただ、松澤の投球に関しては、「空振りをとるボールがない」と。厳しい評価。さらにバントが決まらないことに関して、今後の戦いを考えると、試合の流れを作るバントなどは、しっかり決める必要がある。

 帝京は都大会でも当然優勝候補の一角を占めることになる。それだけにエースの松澤をはじめ、一つ一つの戦力を高めていく必要がある。

(文=大島 裕史)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。