2017年09月18日 桜美林高校グラウンド

桜美林vs都立小平西

2017年秋の大会 東京都大会 一次予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

先制許すも焦りなし!桜美林が逆転勝利で本大会へ



先発の久富(桜美林)

 桜美林都立小平西が本選への切符を争ったこの試合。桜美林はいわば本拠地での試合となるため、慣れ親しんだ自校グラウンドで自分たちのプレイができるか。

 桜美林の先発は背番号3の久富。前チームからの経験も豊富で、打撃でも4番を託されるこの男が命運を託された。一方の都立小平西は背番号1の左腕・野崎がマウンドへ。

 まず先手を取ったのは都立小平西。ヒットと悪送球で二死一、三塁のチャンスを作り、打席には9番投手の野崎。右中間を破る二塁打で2点を先制した。

 しかし、桜美林の監督は先制されても「焦りは全くなかった」と語る。練習試合でもひっくり返す場面は多く、ここでも焦ることなくやるべきことに集中できた。3回裏には相手の四球やミスに付け込んで同点に追いつき、5回裏に勝ち越し、6回裏には、5安打含む打者一巡の猛攻で3点を追加。先制を許されながら、結果的には大差をつけての勝利になった。

 桜美林はこの日投げた久富・長野に加え、エースの小池と経験豊富な投手が揃う。加えて捕手と二遊間も前チームから出場経験がある。指揮官は「新チーム始動に備え、経験を積ませておいた」というが、その部分がしっかりと結果に繋がった。そして「急に打てるようになったり、球が速くなったりはしない。当たり前のことをしっかりとやれるようにしたい」と本大会への意気込みを語った。

 一方都立小平西は、先制した攻撃は足掛かりとして良かったが、中盤以降、守備面での乱れが目立ってしまった。今後の戦いにつなげていきたいところだ。

(文・写真=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】【東京の高校野球】
桜美林vs都立練馬【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
タイブレーク14回を制した桜美林!2回戦で日大二に挑む!【秋季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
日大三や日本ウェルネスなどが続々と一次予選を突破!【秋季東京都大会一次予選】 【ニュース - 高校野球関連】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
創価vs桜美林【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第936回 【西東京大会・準決勝展望】東海大菅生vs国学院久我山、桜美林vs創価 ファイナルへ進むのは?【大会展望・総括コラム】
桜美林vs日大三【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
桜美林vs都立保谷【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
早稲田実業vs都立小平西【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第507回 桜美林大学 大平 達樹選手「教えた方々のアドバイスを無駄にしなかった」【後編】 【2017年インタビュー】
第505回 桜美林大学 大平 達樹選手「打者の動きを見てのリードを心がけよう」【前編】 【2017年インタビュー】
桜美林 【高校別データ】
都立小平西 【高校別データ】
秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る