豊田監督がキーマンに指名した荻野が攻守に渡って活躍



1番・荻野(岩倉)

 都大会出場を目指し、現在行われている秋季大会一次予選。第9ブロックでは、岩倉大東学園が1回戦で激突した。

 先制したのは岩倉。初回、1番・荻野 魁也が初球を捉え、中前安打で出塁。「1番を任されているので出塁することを意識しています。特に1打席目はいつも以上に意識しています」と語るリードオフマンの出塁は流れを呼び込む。四球で走者をため、4番・中山 椋輔が強烈な二塁打を右中間へ運び、先制した。その後二死となり、6番・小川 雄太が2点中越え適時三塁打を放ち、さらに2点を加えた。

 続く2回は3四死球で満塁とし、敵失で1点。さらにバッテリーエラーや押し出し死球でこの回も3点を加点し、差を6点とした。

 反撃したい大東学園は4回。一死から、3番・山川 竜馬と4番・末谷 春樹の連続安打とボークで二、三塁のチャンスを作る。しかし、ここで都立片倉のエース・小川がギアを上げ、後続を内野ゴロと三振に斬って取り、得点を与えない。この小川の投球はさらに打線に勢いをつけた。

 直後の5回、都立片倉は先頭の6番・小川が右越え三塁打でチャンスメイク。一死後、8番・檜山 大輝の打席でエンドランを仕掛け、追加点。続く、9番・前田 拓実の打球は左中間を破り、一塁走者が生還。さらに荻野の内野ゴロの間にも得点を挙げ、9対0とした。
 そして6回、二死から6番・小川が二塁打で出塁。盗塁で三進し、最後はバッテリーミスで10点目のホームを踏み、コールドゲームが成立。10対0で岩倉が初戦を突破した。