専修大附、打線活発!6回コールド勝ちで本大会出場!



2番を打つ笹川倫太郎(専修大附)

 専修大附が、初回から打線がつながり、6回コールド勝ちを決めた。

 1回裏、専修大附は1番嶋崎 柊弥が右中間を破る三塁打を打ち、2番笹川 倫太郎が左翼線へ二塁打を放ち1点を先制する。笹川はもともと1番を打っていた打者。状況によってバント。あるいは強打と使い分けができる打者だ。この打席は「嶋崎が出ていたので、積極的にいった」と言葉通り、左翼線二塁打を放ち、1点を先制する。

 さらに2回裏、島崎の適時打で2点目。さらに4番向口修平の2点適時打で4対0。さらに3回裏、5番片倉勇樹が三塁打。さらにバッテリーミスで1点を追加すると、その後も打線がつながり、押し出しや3番松本真武の2点適時打で8対0と点差を広げた。5回裏、敵失とバッテリーミスで2点を追加し、10対1と点差を広げた専修大附。6回裏には1番横山がサヨナラとなる長打を打ちサヨナラ。専修大附が6回コールド勝ちで、都大会進出を決めた。

 満遍なく打ちまくった専修大附だが、サヨナラ打を打った嶋崎はバットコントロールの良さが光る。前の試合で無安打だった嶋崎は、「ライナー性の打球を打つことを心掛けて打撃練習を行いました」とフォームを修正しながら、練習に励んだ。結果、3安打2打点の活躍を見せた。

 そして攻守のバランスでは2番笹川が一番。とても2番者とは思えないパワフルなスイングを見せる右打ちの外野手。「打撃には自信があります」と笑顔を見せる。主にレフト方向への打球が中心だが、ミートセンスが実に高い。守っても守備範囲の広さは一級品で、時折、ダイビングキャッチを見せることもしばしばあるという。笹川は甲子園で満塁ホームランを打った小林 由伸(盛岡大附)の後輩。「小林さんは決して体は大きくないのですが、それでもあの甲子園で本塁打を打った姿を見て勇気付けられた」と刺激を受けた笹川はレベルアップへ向けて日々の練習を重ねてきた。

 主将として、明るい人柄でチームをまとめてきた笹川。笹川を中心に野手陣の能力は高い。笹川を中心に都大会でも打って勝ち上がって見せる。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。