初の8強共栄学園に甲子園常連校の洗礼! 関東一5回コールドで勝利

 準々決勝第2試合は、小雨の降る中で試合が始まった。初のシード校で、ベスト8初進出と、強豪への階段を一歩踏み出した共栄学園にとって、関東一は越えなくてはならない壁である。しかし共栄学園にとっては、その壁の厳しさを感じさせる試合になった。

 関東一の先発は5回戦に続いて小川 樹共栄学園は主将の大西 亨和が先発した。
1回表共栄学園は1番・青木 龍也、2番・菊地 奏汰と安打が続き、3番・早川 大生のバントに、関東一の投手・小川が反応して、三塁で刺したが、三塁から一塁への転送が悪送球となり、一死一、三塁。4番・佐藤 慎也への初球が暴投になり、共栄学園が1点を先制した。
共栄学園の先発・大西は、1、2回と走者を背負いながら無失点に抑えたが、関東一の打順が一巡した後の、3回裏に、状況は一気に変わる。

 1番・斎藤 未来也の内野安打、2番・小林 琢朗の四球、3番・増田 哲平の左前安打で同点に追いつくと、4番・石橋 康太の左前安打で逆転。5番・早坂 秀太、6番・小川の四球と続いて押し出し。

 共栄学園は大西から左の長久保 快都に交代したが、関東一の猛攻は治まらない。1番・斎藤の満塁の走者一掃の三塁打など、この回だけで打者15人を繰り出し11点を挙げて勝負を決した。それでも共栄学園は4回表に、神山 貴紀、石川 青竜の連続二塁打で1点を返す。
5回表も、西川 雅士の中前安打、菊地の捕手と一塁手の間に上がるフェアフライを、捕り損なって一死一、二塁の場面も作ったが、得点には結びつかなかった。

 5回裏二死後、4番の石橋がレフトに特大の本塁を放ち12-2の5回コールドが成立した。春季大会は負傷で出場できなかった石橋であるが、この大会は3試合連続の本塁打で、その存在感は際立っている。

一度かさに懸かると、関東一の破壊力は止めようがなかった。単に打つとか投げるとかだけでない、チームとして戦う意識の徹底ぶりを、共栄学園は思い知ることになった。体格なども、関東一とは明らかな差があるが、それでもここまで戦いは、共栄学園の野球が、新しい段階に入ったことを示している。2003年から共学になっているが、女子バレーボールの強豪で女子校のイメージはまだある。そうしたイメージも、この大会での戦いでかなり払しょくできたのではないか。ここから一段上がるのはまた険しいが、関東一との対戦は、そのために必要なことは何かを実感する貴重な体験になったはずだ。

 関東一は、この夏、確実にチーム力を上げてきている。ただいくつかミスもあるなど、米澤 貴光監督を納得させるレベルには、まだ達していないようだ。準決勝以降、戦いながらチーム力を上げていくのではないか。

【 試合経過とスタメンはこちら 】

(文=大島 裕史)