安田学園、被安打2の完封リレーで岩倉に快勝

 2回戦屈指の好カードに、江戸川区球場の入場券売り場に長い列ができた。甲子園出場経験のある強豪同士だけに、力の差はほとんどなかったが、一つの傷口から、試合は予想以上の大差になった。岩倉の先発はエースの三田 知樹安田学園は背番号11の中川 航太という右腕同士の対決になったが、両投手とも持ち味を発揮し、4回を終わって、三田が被安打2、中川が被安打1で、ともに得点を許さず、投手戦の様相になった。

 試合が動いたのは5回表安田学園の攻撃だった。この回5番・谷 涼平、6番・山本 大悟の連続安打で無死一二塁とし、7番・北川達也の投前バントを、岩倉の三田は三塁に送球したが、三塁手が落球(記録は野選)して満塁となった。8番・小山亮裕の右犠飛で安田学園がまず先制。さらに好投している9番の中川が左前安打を放ち、2人が生還。左翼手が打球を捕りそこなう間に、打った中川も二塁に進んだ。
さらに1番・牧野 陽太が遊失で出塁し、2番・森一光、3番・渡部賢也の連打でさらに2点を追加。この回一挙に5点を入れた。

 リードを奪った安田学園は、6回から左腕の清水 雅孝が登板。左打者の多い岩倉打線を翻弄し、安打すら許さない。岩倉が清水から奪った唯一の安打は、4番の荻野 魁也の右前安打であった。荻野は町田シニア出身の1年生。打力を買われての抜擢だった。

 安田学園は7回表、2番・森一の三塁打に、4番・大金歩夢の二塁打で1点を追加。
安田学園の9回表の攻撃に岩倉は1年生の宮里 優吾を投入。宮里は、将来性を感じさせる力強い球を投げていたが、安田学園の3番・渡部にレフト柵越えの2ランを打たれ、結局8対0で安田学園が勝利した。安田学園は投手2人で被安打2の完封。打っては12安打で8得点という完璧な内容であった。

 安田学園は秋の都大会は1回戦、春は2回戦で敗れ、十分な結果を出していないが、この試合のような内容の戦いを継続できれば、優勝争いに加わる可能性もある。
一方岩倉は5回のバント処理のミスなど、ミスから傷口を広げ、大差の試合になった。それでも4番に抜擢した荻野、先発で6番を打った岡根秀、9回に登板した宮里など、下級生の活躍も目立った。今回の厳しい結果を、秋以降にいかしてほしい。

(レポート=大島 裕史)

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ