都立紅葉川の投打の柱が魅せる!

 今年の東東京でノーシードで怖い学校は都立紅葉川だ。エース・吉本 優太(3年)は、右腕から最速135キロ誇る本格派右腕。吉本は投球練習の1球目。助走をつけて投げ込んだ。恐らく、これはボールに勢いを与えたいために、体の使い方を意識したキャッチボールだろう。吉本は立ち上がりから快調な立ち上がり。常時128キロ~131キロ(最速135キロ)のストレートで押し、いきなり三者連続三振。この日は小細工なしのストレート1本。それだけで3回まで7奪三振。4回表に1つの三振を奪い、4回8奪三振。しかもパーフェクトと圧巻の投球を見せた。吉本の良さは球質の良さ。キャッチボールからボールの質を意識しているように、回転数が高いストレートを投げ込むことができている。投手としての筋は非常に良い投手で、次のステージでも十分に続けることができる投手だ。

 一方、連合チームの先発・横山から捉えることができずにいたが、4回裏にようやく打線が爆発。一死一、二塁から7番岸蘭丸(3年)の適時打から1点を先制。8番村井の適時打、9番川村の2点適時打で、4対0とすると、その後も点を重ね、主砲・西久保 哲也(3年)がレフトスタンドへ消える2ランを放ち、9対0と大きくリードした。

 西久保は、東京都内でも上位レベルに入るスラッガー。178センチ80キロと均整がとれた筋肉質の体つきから他の選手と比べて存在感が際立っている。春季大会では、ライト方向へホームランを打っている選手だ。飛距離、打球の速さはともに高いレベルに達していて、肩も素晴らしく、ライトから投げ込む返球の強さは素晴らしいものがあり、ほぼダイレクト返球だった。選手としてのポテンシャルの高さは強豪大学でも続けられるレベルにある。だが、西久保がさらにレベルアップするためにはまだ足らない点がある。それは、ボールをコンタクトする確率がまだ低いことだ。

 西久保はオープンスタンスで構える。打ちに行くときにトップを取った時、左肩が大きく入る癖が見られ、強引に引っ張りすぎてしまい、打ち損じする打球が見られる。ボールを強く巻き込んで打ちに行くことは悪くないが、むやみに引っ張るのは良くない。やはりボールの軌道に対して、どう合わせるのか。長打を打ちたいという欲を出すことなく、バッティングができるか。しっかりとボールに合わせて、フルスイングをしたうえで、ボールを芯でコンタクトできる確率が高まると、もっと打率も良くなるだろう。そういう感覚を掴んでいけばシード校のエースクラスにも対応できるはずだ。

 都立紅葉川は4回裏、5番吉本の三塁打から、6番大島優斗(3年)の適時打で10対0にすると、その後も点を重ね、この回は14安打を集中し、一挙19得点を入れる猛攻。

そして都立紅葉川は2番手・寺西司が登板。寺西の父である武さんは帝京出身で、帝京第五の小林昭則監督と一緒に戦い、1985年春選抜出場している。寺西は右のアンダースローだ。

 後がない連合チームは、一死から市橋幸佑(3年)がチーム初安打。さらに6番鈴木大也(3年)も安打を打つが、大きく球場が沸いたが、反撃はここまで。

 都立紅葉川が5回コールド勝ちを決めた。次の相手は正則と対戦。正則には伸びのある直球を武器にする座間 雄一がいる。さらに打線も粘り強く、好試合が期待できそうだ。


注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ