郁文館が小刻みに点を追加!都立新宿の強打もポジショニングで封じる

 江戸川区球場では延長13回まで及んだ熱戦が冷め切らぬ中、第2試合目の都立新宿郁文館の熱戦が行われた。

 両チームのバッテリー共に打たせて取るピッチングを柱としていた。都立新宿はエース梅原猛が先発した。サイドスローで左右への投げ分けが武器だ。立ち上がりこそおぼつかなかったが、3回以降は落ち着いたピッチングに戻った。対する郁文館はエース・西村遼太郎が先発し、2番手に関智也の継投で逃げ切った。牽制が巧みで、ランナーを困惑させていた。

 先制したのは郁文館。1回裏の攻撃、2番梶井が中前安打で出塁し、続く3番小山和希が左越二塁適時打を放ち先制した。初球の甘く入ったストレートを見逃さず、振りぬいた打球はレフトの頭上を越えていった。

 さらに、2回裏、8番梅原が四球で出塁すると、9番松崎が犠打で送り、1番伊藤秀真が右越二塁適時打を放ち、2点目を追加した。さらに二死から3番小山の左前安打、続く4番浅賀大誠の右前適時打で3点目を追加した。

 しかし、都立新宿も粘る。4回表、8番バルカー魅が死球で出塁すると、犠打とバッテリーミスで1死3塁となり、1番新田和紀のスクイズの間に1点を返した。

 7回裏、郁文館は1死から1番伊藤が左前安打を放つと、盗塁と捕手の悪送球により三塁へ。続く2番主将の吉田壮吾の中犠飛によりダメ押しの4点目を追加した。

 都立新宿もいい当たりが多くあったが、郁文館のポジショニングがよく、何度も阻まれた形となってしまった。逆にいえば、郁文館のポジショニングの良さと落ち着いた心境で試合運びができたのが勝因ともいえる。

 都立新宿都立小山台で助監督を務めていた田久保裕之氏が母校に戻り、監督に就任した。もともとバットが振れる選手が多いのが都立新宿の特徴だが、守備などを見ていると限られた練習時間の中で鍛えられているのがうかがえた。

 勝利した郁文館は12日、神宮球場で上野学園と戦う。

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ