大会初の延長戦!1回戦とは思えないハイレベルな投手戦を制したのは東京!

 1回戦とは思えないレベルの高いゲームだった。両チームの投手のレベル、守備レベルの高さ。鍛え抜かれた両チームのプレーは、素晴らしものがあった。さらに、東京高校の吹奏楽部は、東京都吹奏楽コンクールA組で金賞を取るほどの実力校で、綺麗な音色は、江戸川区球場に集まったファンを魅了させた。

 まず豊南の先発右腕・岩井 隆之介が魅せる。岩井は180センチ92キロとがっしり体型の投手。馬力の大きさが魅力の投手で、さらに投球フォームが安定している。ノーワインドアップから始動し、左足をゆったりと上げていきながら、体を沈み込んでいきながら、ゆったりと着地を行い、左腕のグラブを斜めに伸ばしていきながら、開きを抑えることができており、テークバックを内回りに旋回していきながら、リリースに入る。球速は、常時120キロ後半~133キロを計時しており、両サイドへ打ち分けができている。さらに110キロ前後のスライダー、100キロ前後のカーブを投げ分けていきながら、投球を構成。

 恵まれ体格をしていて、さらに投球のまとまりもある。春の大会ではあまり登板がない。こんな好投手が隠れていたのかと驚きを隠せなかった。

 豊南は一死一塁から3番岩井が左翼線を破る二塁打で、一死二、三塁のチャンスを作ると、4番若梅斗夢(3年)の犠飛で1点を先制すると、さらに二死三塁から敵失で2対0とする。

 東京も、1番藤井の三塁強襲安打で1点を返すと、6回表、4番黒澤歩夢(3年)がセンターへ大飛球。センター・が追いかけ、ボールに触れたものの、わずかに及ばず外野へ転々。黒澤は全速力で走り、豊南も中継プレーがままならず、黒澤はその隙をついて本塁へ生還。ランニングホームランとなり、同点となり、試合は膠着状態となる。