青稜、攻めの守りも一歩及ばす、都立広尾がサヨナラ勝ち

 大会2日目。神宮第二球場の第二試合は都立広尾青稜が対戦した。

 試合前半は両校のノーガードの打ち合いになった。
都立広尾の4番・加藤がレフト後方のネット中段に当てる本塁打を放てば、青稜の5番・近藤も2本の三塁打に1本の二塁打と主軸が期待に応え打線を引っ張り、5回を終えて5対5とがっぶり四つに組む。

 しかし中盤からは序盤の打ち合いから一転、ホームベースが遠い展開に。

 都立広尾は4回以降、再三ランナーをスコアリングポジションにすすめるも、得点できない。
これは都立広尾の稚攻というよりは青稜の堅守が大きかった。青稜にはチーム全体に「攻めの守り」が浸透していたのだ。

特に7回の守備では3つの四死球に1安打を与えながらも牽制死、ダブルプレーで無失点に切り抜け、8回も途中からマウンドからセンターに移った佐々木の好守で得点を防ぐ。
9回もスコアリングポジションにランナーをおくも、四番・加藤相手に真っ向勝負で三振に打ち取るなど、守りでも常に攻めの姿勢を貫いていた。

 そして試合は5対5のまま延長へ。
再三のチャンスを活かせず、試合の流れを掴みきれない都立広尾。しかし、エース・小泉は粘投を続ける。延長に入った10回表も小泉が三者凡退に押さえ、味方の反撃を待つ。
3回途中から登板した小泉。5回以降は粘りの投球で、青稜打線に得点を許さない。
耐えに耐えた投球だった。

 すると、その裏、都立広尾は1アウトから上藤の二塁打、稲垣の内野安打で一、三塁のチャンスを作る。ここで、続く小泉に対して青稜ベンチは敬遠を指示し、満塁を選択。ここでも「攻めの守り」ぶれがない。

 そして、打席には10回のセカンド守備から入った星が向かう。
この試合初打席の星だったが、2球目を振り抜くとふらっとあがった打球はライトの前に落ち、これで勝負あり。
都立広尾が延長10回サヨナラで互いに譲らない熱戦を制した。
都立広尾は新チーム結成以降、これが秋、春通じて公式戦初勝利。
元々力のあるチームだけに「産みの苦しみ」を通り抜けた2回戦はどんな戦いを見せてくれるのか。今後の戦いに期待したい。

 また、負けはしたものの、青稜は最後まで自分たちのスタンスを貫いた。
「攻めの守り」は今後の青稜野球部の伝統になるのだろうか。
そんな想いを思わせるぐらい一貫した戦いぶりは素晴らしかった。

(記事=編集部)


注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ