壮絶な乱打戦。3時間14分に及ぶ大熱戦を制したのは日大二!

 雨のため順延となった日大二佼成学園の一戦は、3時間14分に及ぶ、壮絶な点の取り合いとなった。

 先制したのは日大二。二死一、二塁から5番横田の打球はセンターの頭上を越える三塁打で二者が生還。打った横田は三塁へヘッドスライディング。気迫溢れるプレーでチームを盛り上げる。続く2回にも、二死二塁から1番相澤にタイムリーが飛び出し、更に1点を追加。

 2回が終わって3対0と日大二のペースで試合が進むかと思われたが、佼成学園も黙っていない。3回裏、4番中島が三塁線を鋭く破る適時二塁打が飛び出し、佼成学園が1点を返す。なおも二死満塁のチャンスだったが、日大二のレフト横田が頭を越えそうな打球を背走しながら好捕。この回は1点止まり。

 反撃ムードが高まる佼成学園、再び4番が魅せる。4回裏、二死一、三塁。中島が綺麗に中前へ弾き返し、2打席連続タイムリーで1点差。更に、5番松島も中前へタイムリーを放ち、佼成学園が同点に追い付く。

 さあ試合は振り出し、と落ち着かないのがこの試合。追いつかれた直後の日大二は、一死一、三塁のチャンスを作ると、6番大島がフルスイング。速い打球は失速することなくレフトスタンドへ。日大二が一気に3点を勝ち越し、スタンドは大歓声。

 畳み掛けたい日大二。続く6回には、5番横田のタイムリーと押し出しで2点を追加。佼成学園に5点の差をつけ、試合の大勢を決めたかに見えた。

 しかし、佼成学園も取られたら取り返す。5点差をつけられた直後の6回裏、無死二塁から3番真田のタイムリーでまず1点。更に、一死一塁から5番松下がお返しとばかりにライトスタンドへ一発。その差は2点、日大二の背中を捉える。

 なんとか振り切りたい日大二。7回表、2番川端が死球で出塁すると、続く3番木村がライトフェンス直撃の二塁打。川端が一気に生還。日大二が再び差を3点に広げる。

 だが、1点を奪われてもなお、佼成学園の反撃ムードは冷めていなかった。7回裏、一死二、三塁。4番中島がフルカウントからレフト頭上へ大きな打球。レフトが必死に飛び込むも及ばず。二者が生還する二塁打で、再び日大二との差は1点に。

 あと1点。しかし、この1点が難しかった。8回表の日大二の攻撃を0に抑えるも、8回裏の佼成学園は三者凡退。これで潮目が変わってしまった。

 9回表、日大二の8番平田が左中間への2点タイムリーを放ち、これがダメ押し点に。ここまで驚異の粘りを見せてきた佼成学園だが、9回裏は三者凡退。日大二が、3時間14分に及ぶ大熱戦を制した。

 とにかく壮絶な打ち合いだった。ヒットは両校合わせて29本。両投手陣の四死球が多かったこともあり、試合を通じて走者が塁にいないことの方が少なかった。

 流れが変わったのは8回の守りだった。8回表、1点差に詰められた日大二は久々に0点に終わる。嫌なムードが漂ったが、その裏の佼成学園を三者凡退に封じた。これが大きかった。この試合、両校通じて初めての三者凡退だけに効果は絶大だった。

 敗れた佼成学園、あと一歩のところまで日大二を追い詰めた。タラレバになってしまうが、流れが変わった8回も、走者が一人出ていれば、全く違う展開になっていたかもしれない。

 どちらに転んでもおかしくない一戦。壮絶な打ち合いとなった中盤。勝負を分けた終盤の攻防。手に汗握る大熱戦を演じた両校ナインに、スタンドから惜しみない拍手が送られた。

(文=編集部)

【 速報ページはこちら 】

【東東京大会】
詳細日程・応援メッセージ

準決勝の見どころはこちら!