中盤に大量得点!そのまま逃げ切れるか!?

 この日、明治神宮野球場で行われた2試合目、西東京大会5回戦。第4シード駒大高vs明大中野八王子。先発は両チームともエース。駒大高吉田 永遠明大中野八王子後山 宗一郎をマウンドに送り出して試合は始まった。

 両先発の踏ん張りによって、序盤は静かな試合展開に。駒大高は1回に二死三塁のチャンスを作るも無得点、2回にも一死二塁とするも、明大中野八王子・後山に2者連続三振に取られる。4回表にも一死一、二塁とするも、今度はミスも絡んで好機を逸する。

 一方の明大中野八王子もチャンスを作りながら序盤はなかなか生かせない。3回裏には二死一、二塁から4番飯嶋 圭吾を迎える形を作るが、駒大高・吉田永の緩急をつけた投球にタイミングを外され捕邪飛に倒れる。4回には無死一塁からバスターを仕掛けるが駒大高の遊撃手・黒田 悠平が軽快にさばいて併殺。このように両チーム機会は作りながら、まさにあと一本というところで得点に繋がっていなかった。

 しかしその時は突然にやってきた。5回裏、明大中野八王子の攻撃。先頭の9番進藤 駿が中前打。続く1番杉山 祐樹が左中間を深く破る三塁打で、二人で鮮やかな先取点。さらに内野安打と四球で無死満塁とし、先ほどチャンスで悔しい打席を経験した4番飯嶋。前進守備の三遊間を破り2点適時打。さらに6番島村 遼太の右犠飛、7番天野 翔太の適時三塁打で、5点目を挙げると、ここで好投手・吉田永をマウンドから引きずり下ろし、さらに1点を追加し一挙6得点。

 駒大高は6回表に1点を返し、さらに7回裏には相手攻撃を三者凡退で片付けると、8回表の攻撃。2番岩村 海秀が四球で出塁すると、迎えるは投手から一塁に回っていた3番吉田永。投の悔しさは打で晴らした。逆方向のレフトスタンドへ2ランを運び、3点差に。これで終わらず、4番西坂 直人、5番馬場 舜が立て続けに出塁するなどで一死満塁のチャンスを導き、ここで一本出ればいよいよ試合は分からなくなるという場面で、立ちはだかったのは明大中野八王子のエースだった。一人でこの試合のマウンドを守り続けている後山は、ここでギアを上げたか、2者連続三振。駒大高の勢いを止めた。

 9回表にも駒大高は、失策に付け込んできっちり安打で1点を返し、なおも一死一、二塁の好機を作るも反撃はここまでだった。試合は4対6で終了した。

 明大中野八王子のエース、後山 宗一郎は、終盤猛攻を重ねる駒大高打線を辛くも退けた。8回表の2者連続三振はその中でもとりわけ見事だった。駒大高は、5回以外には失点を許していない。6回以降はおおむねテンポよく守備を終えて流れを引き寄せていただけに、5回の6失点が大きかった。

【 試合経過とスタメンはこちら 】

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ