最後まで見逃せない戦い!8強入りはどちらに!?

 第3シードの国士舘と、日大二が5回戦で顔合わせ。準々決勝進出を賭けた戦いが始まった。国士舘先発は背番号11の2年生左腕・石井 峻太。日大二はエース・岩田 一真が先発して始まった。

 先制したのは日大二だった。5番大島 草平が二塁打で出塁すると、続く6番横田 涼も中前打で続いて無死一、三塁。ここで7番川端 彪玄はスクイズを仕掛け、投手横に強めに転がったことにより投手は対応が遅れ、無事三塁走者がホームイン。

 その裏、国士舘は先頭がヒットで出るも、後続がバント失敗などでうまく展開できない中、二死となり9番中村 卓己がレフトスタンドへ2ランを放ち一撃で逆転に成功した。ただ4回表には日大二が5番大島、6番横田、7番川端の3連打で満塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に同点に追いつく。

 5回裏には国士舘が得点圏にランナーを置きながら、日大二が牽制でランナーを仕留めチェンジになり、若干その影響も出たか。6回表の日大二先頭の4番渡辺 能久がエラーで出塁。5番大島が送って、迎えた6番横田。とらえた会心の当たりはライトスタンドへの2ランホームラン。日大二が4対2と中盤にリードを奪う。ここで国士舘はエースの深澤 史遠にスイッチ。勢いそのままに日大二は深澤も攻め立てるも、追加点はならず。

 この試合の一つの分かれ目になったのは7回裏の国士舘の攻撃だろうか。三連続四球で満塁のチャンスを作って迎えるのは、好調の頼れる4番上原 隼。注目の初球は大きく舞い上がりレフトへ、しかしわずかに切れてファール。さらに国士舘スタンドは期待に湧くが、日大二エース岩田が踏ん張った。ニゴロ併殺という日大二にとって最高の形でピンチを切り抜けた。

 9回表には、日大二の打線がダメ押しに成功。国士舘城田 真理人草薙 柊太の2投手を投入するも、勢いを止められず3点を失う。

 9回裏の国士舘は第3シードの意地を見せたい。この日本塁打の先頭9番中村が痛烈な二塁打で出塁。続く打者には代打、2年生の赤川 輝。左中間への適時二塁打で望みをつなぐと、一死三塁とし3番水野谷 孝一郎の一ゴロがイレギュラーし、一塁手の頭を大きく超えまさかの適時打に。水野谷は好判断で二塁へ走り、二塁打に。幸運も味方に、さらに反撃を進めたいところだったが、惜しくもここまで。後続が打ち取られゲームセット。

 第3シードの国士舘を破った日大二は、終盤のダメ押しが結果的に効いた。また中軸から下位にかけても得点できる力を発揮したのも勝因の一つだろう。国士舘も敗れはしたが、最後までどちらに転ぶか分からない、そんな試合を作った。

【詳しい試合経過・スタメンはこちら】

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ