日大三、日置の決勝スクイズで、大健闘の都立総合工科を振り切る

 決勝戦で早稲田実業を倒すことを目標とする日大三にとって、準々決勝で対戦が予想される東海大菅生との試合は、決勝戦に進出するための最大のヤマとなる。もちろん夏の大会は、負ければ終わりなので、一戦一戦が大事であるが、先を見てしまうのは、ある程度やむを得ない。一方対戦チームは当然「打倒三高」のため全精力を注ぐため、優勝候補の日大三といえども、油断はできない。

 5回戦で日大三は、今年に入り再び投手にも復活した巨漢の金成 麗生が先発した。問題になるのが、その立ち上がり。酷暑の中でも金成は、140キロ台の速球を次々と投げる。しかし制球が定まらない。

 都立総合工科の1番・小野 里剛に四球を出したものの、併殺で逃れる。しかし3番・神子 晃汰の右前安打、4番・石川 幸之介の左前安打と続き、5番・郷原 大裕の右中間の飛球は、中堅手・櫻井 周斗がグラブに当てながら落球して2人が生還する。記録は三塁打だが、実質失策によって、都立総合工科は、2点を先制する。

 都立総合工科の先発、背番号10の大河内輝也は横手から、時おり、シンカーのような沈む球を投げ、日大三の強力打線はタイミングが合わず、走者は出しても、得点につながらない。

 日大三は2回途中から金成に代わり中村 奎太が登板し、5回途中から中堅を守っていたエースの櫻井が登板する。都立総合工科の善戦により日大三は、本気モードのギアを、一段上げた格好だ。

 5回裏日大三は右前安打の9番・中村が犠打などで三塁に進み、初回に痛恨の落球をした櫻井が、ライトオーバーの三塁打を放ち1点を返す。
マウンド上の櫻井は、140キロ台後半のストレートに、打者の目線から消えると言われる櫻井のスライダーは健在だ。

 7回裏日大三は8番・津原 瑠斗が敵失で出塁すると、中村が送り、1番・井上 大成の中前安打で津原が還り、日大三が同点に追いつく。

 それでも、日大三のエース・櫻井はスライダーがワンバウンドすることも多く、安心できる状況にはない。
同点で迎えた8回裏、日大三はこの回先頭の3番・櫻井が遊失で二塁まで進み、続く金成に代わり途中出場の大西翔が送り一死三塁。打席には、一発長打のある5番の日置 航。日置は2ボール1ストライクからの4球目を三塁方向に冷静に転がし、櫻井が生還。日大三の小倉全由監督としては非常に珍しいスクイズで決勝点をもぎ取った。

 9回表都立総合工科は、内野安打の小野里が犠打、暴投が絡み、三塁まで進んだが、総合工科の4番・石川が遊ゴロに倒れ試合終了。3対2で日大三が勝ったものの、都立総合工科の善戦が光った一戦だった。

 特に大河内は、落ちる球を効果的に使い、許した安打はわずかに6。細身の体で投げ切った投球は見事だった。
苦しんで勝った日大三は、夏の大会の怖さを改めて実感することとなった。ただ選手権大会は、勝つことが一番重要。反省すべき点はするとして、準々決勝の東海大菅生との大一番は心機一転、東京のレベルの高さを示す、好ゲームを期待したい。

【 この試合のイニングスコアをチェック! 】

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ
■■トーナメント表