明学東村山打線が爆発!3回に8点を奪い6回コールド勝ち!

 西東京大会、3回戦の明学東村山vs都立久留米西の対戦。

 初回は両チームとも硬さが出た立ち上がりとなった。
先攻は都立久留米西。2番の平田 敦樹に四球を与えると、3番富山 倫太郎が右中間に三塁打を放ち、先制点を奪う。さらにエラーも絡み、2点の先制に成功する。

 その裏、すかさず明学東村山は四球で出たランナーを犠飛でホームに返し、1点を返す。さらに2回にはボークと暴投などで2点を奪い逆転に成功。点を取られてもすぐに追いつき、逆転。ベンチも落ち着いており、初回に点を奪われても慌てることがなかった。

 初回に点を失った明学東村山の先発、澤柳 亮太郎は2回以降は立ち直り、本来のピッチングを披露。ストレートの球速もあり、テンポも良い。なにより変化球を投げるときの腕の振りが変わらないため、打者としては厄介な投手だろう。

 明学東村山は3回に打線が爆発。この回から都立久留米西のピッチャーは杉本 完太に変わりなんとか明学東村山の勢いを止めたいところ。しかし先頭から2者連続で安打、四球を与え、5番の山崎 楓一が犠飛。流れは止まらず、田中 大智[の2点適時打、手島 大輔も2点適時打を放つなどこの回一挙8得点。都立久留米西を引き離した。

 6回、明学東村山・山崎の適時打でゲームセット。2対12で明学東村山が6回コールド勝ちを収めた。

 初回に点を失った明学東村山だったが、その後は落ち着いた試合運びを見せた。この後の試合ではやはり先発した澤柳がキーマンになるだろう。力まずに本来のピッチングができれば、勝ち進む確率が上がってくる。

 敗れた都立久留米西はバットを振れる打者が多かった。そしてこのチームは2年生が多くベンチ入りしている。バッティングに加え、ピッチャーを含めたディフェンス力が上がってくれば、面白いチームになりそうだ。

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ