清宮104号本塁打!早稲田実業が危なげない戦いで初戦突破!

 全国最注目の早稲田実業が初戦を迎えた。初戦の相手は都立南平。ここまで接戦を勝ち抜いてきた都立南平相手にどんな戦いを見せるのか。

 注目の清宮 幸太郎。第1打席でどれだけ自分のスイングができるか。それがこの夏の調子を左右するのではないかと思われたが、一打席目で結果を残した。1回裏、一死二塁の場面で打席が回った清宮は、2ランホームラン。これで高校通算104号となった。このホームランで勢いに乗った早稲田実業。試合を優位に進めていく。

 3回表、都立南平は、4番遠藤 涼(2年)の適時打で1点を返すが、3回裏には一死二塁から2番西田がフェンス際へ大きなフライ。これを二塁走者・野田優人が一気に本塁へ生還。3対1にすると、4回裏には野村 大樹の三塁打から内野ゴロで1点。5回裏には追い仕出しで1点追加と5対1とした。6回表、都立南平は二死二塁から6番内田の左越え適時二塁打で2点目。

 6回裏、一死一、二塁からけん制悪送球の間に一人生還。さらに満塁から1番橘内の犠飛で7点目。無死一塁から8番雪山の左翼線を破る適時二塁打。さらに、無死二、三塁からバッテリーミスで1点を追加すると、一死三塁から1番橘内が左越えの安打を放ち、8回コールド勝ちを決めた。

 注目の清宮は本塁打の後、2打席凡退して、第4打席は四球。まだミスショットが多く、調子は100パーセントといえる出来ではないが、一発を打ったことでさらに調子を上げていきそうだ。

投げては春まで正捕手だった雪山 幹太が8安打打たれながらも粘り強い投球。今年の早稲田実業の投手陣でも、完成度が高く、さらに常時130キロ台のストレートを投げられ、そしてフォームのバランスも良く、淡々と投球を組み立てることができる。今年も打ち勝って勝つ野球が求められるが、雪山を含め、ベンチ入りの投手が奮起することを期待したい。

 敗れた都立南平は、4番遠藤は雪山の速球に鋭いスイングができており、この日は適時打も打ち、フォームに無駄がなく、ボールを捉えることができている。まだ2年生ということで、楽しみな選手だ。