投打に充実の日大三、国士舘を破り秋春連続で都大会を制する


本塁打の日大三・大塚晃平
  

 4月1日に始まった春季都大会もいよいよ決勝戦。準決勝からの連戦になる決勝戦は、1人のエースに依存するチームだと、控えの投手が先発して、やや気の抜けた試合になることがあるが、国士舘は左の3本柱が充実。日大三にも複数の投手がおり、点差から受ける印象以上に試合は締まっていた。

  

 日大三の先発は、小倉全由監督が期待する身長190センチと長身の2年生・廣澤 優国士舘は左の3本柱の中で球は一番速い草薙 柊太が先発した。また日大三は正捕手の齊藤 龍二が軽度の負傷のため大事をとって控え捕手の佐藤 英雄がマスクをかぶった。小倉監督しては不安であったが、佐藤 英雄はボールを体で止めて、失点を防ぐプレーを随所に見せた。特に大きかったのが、1回表の守りだった。

  

 廣澤の先発は3回戦の日体大荏原戦以来。その時は、「緊張して思い切り投げることができませんでした」と言う廣澤だが、この日は「自信を持って投げることができました」と言う。ただ経験が浅い2年生バッテリーにとって、足でかき回してくる国士舘は厄介な相手だ。

  

 1回表国士舘は1番・内藤 晃がいきなりバント安打で出塁すると二盗に成功。2番・内藤 真の犠打で三塁に進み、3番・倉田 和明には四球とやや不安定な立ち上がり。倉田も二盗し、国士舘は早速得意の足でかき回した。4番・門間 大樹の4球目は外側にワンバウンドのボール。ワイルドピッチかと思えた場面であったが、日大三の捕手・佐藤 英雄が素早く動いて体で止め、失点を防いだ。「止めてくれて助かりました」と廣澤が言うように、暴投で点が入っていたら、試合の流れは違ったものになったかもしれない。結局門間は三振、5番・田中 勇祐は右飛で無得点に終わったことは、国士舘には痛かった。

  

 その裏日大三は、1番・金子 凌が四球で出塁すると、犠打と内野ゴロで三塁に進み、4番・大塚 晃平の中前安打であっさり先制した。

  

 国士舘は2回表、7番・赤川 輝の二塁打で一死二塁のチャンスを作ったものの得点できなかったのに続き、3回表は死球と安打2本で一死満塁としたが、4番の田中 勇祐は投ゴロで1-2-3の併殺。国士舘にはホームが遠い。

  

 4回裏には日大三は、6番・上野 隆成のレフトへの特大本塁打で1点を追加する。国士舘の草薙は、この回で降板する。4回を被安打4の失点2。「腕だけで投げている感じで、ボールが走っていなかった」と草薙は、反省の言葉を口にした。

  

 それでも、そう極端に悪い内容ではなかったが、2番手で登板した井田尚吾の出来が誤算だった。5回表、日大三の1番・金子の中前安打の後、2番・木代成の三ゴロで併殺に倒れたが、3番・日置 航を四球で歩かせると、4番・大塚がレフトフェンスをギリギリで超える2ランを放ち、日大三が突き放す。