国士舘、石井―井田の左腕リレーに好走塁で創価に快勝


8回無失点の好投を見せた石井峻太(国士舘)
 

 準々決勝では帝京に圧勝した創価であるが、国士舘は勝手がやや違った。

 

 帝京を無四球に抑えた創価の先発・菊地 郁也は、国士舘の1番・内藤 晃をいきなり四球で歩かせる。2番・内藤 真が送り、3番・倉田 和明の三振の後、4番・門間 大樹の時に内藤 晃は三盗を仕掛けて揺さぶると、門間も四球で一、三塁とし、7番・田中 勇祐が左中間を破る二塁打を放ち、国士舘が2点を先制する。

 

 その裏創価国士舘の先発・石井 崚太から、1番・藤井 隼、2番・門脇 誠の連続内野安打でチャンスを作るものの、3番・浪川 広之、4番・菊地、5番・大野 匠が凡退に倒れ、得点ができない。この1回の攻防が試合の明暗を分けることになる。

 

 2回表は、創価のエース・菊地とは江戸川中央シニアのチームメイトであった赤川 輝が左中間を破る二塁打を放ったのに続き、9番・石田 晴仁がライト線への二塁打を放ち、国士舘が1点を追加する。

 

 創価は毎回のように走者を出すが、犠打の失敗や併殺などでチャンスを生かせない。

 

 それでも創価の菊地も3回以降は立ち直り、4回表に安打3本による一死満塁のピンチでも得点を許さないなど、走者を出しても失点はない。
 創価に試合の流れが行きそうな雰囲気になったが、7回表、内藤 晃の足がとどめを刺す。この回先頭の内藤 晃は左前安打で出塁すると、二盗に犠打で一死三塁とし、3番倉田は遊ゴロ。内藤 晃は本塁に突っ込むのを自重したが、遊撃手から一塁手に送球される間に、本塁を突き、滑り込んで貴重な追加点を挙げた。「常に次の次の塁を狙っています。あそこは、ゴロでスタートを切れませんでしたが、気持ちを切り替えて、送球間を狙いました」と内藤 晃は言う。積極的な走塁が生んだ貴重な追加点であった。

 

 8回裏創価は2番・門脇の死球、3番・浪川の右前安打で無死一、二塁としたところで、石井に変えて、同じく左腕の井田 尚吾をマウンドに送る。「キャッチャーがダメだというサインを送って来ましたから」と、国士舘の永田昌弘監督は言う。
 井田は8回、9回と創価に得点を与えず、4-0。石井、井田の左腕投手によるリレーと、内藤 晃の好走塁が弾みとなって国士舘が勝利。15年ぶりの関東大会進出を決めた。国士舘の永田監督が「打てないチーム」というように、打力はそれほどでもないものの、走力を含めた攻撃力はあり、投手も、今日投げなかった草薙 柊太を含めた左の3本柱は好調で投手陣の充実ぶりは群を抜いており、関東大会、さらには夏の大会に向けて力のあるところをみせた。29日の決勝戦で日大三相手にどのような投球をするか注目される。

 

 一方創価の菊地は、2回以降は四死球を許していないのだから、成長の跡は感じられた。それでも創価の片桐哲郎監督は、「この悔しさから真のエースに成長してほしい」と期待を語った。菊地も「制球力を磨きたい」と、夏に向けての成長を期した。

 

文=大島 裕史

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。