2018年04月21日 明治神宮第二球場

早稲田実業vs関東一

2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

早稲田実、本塁打3本で関東一を突き放す


4番・野村大樹(早稲田実)

 3年前の夏は、甲子園でともに準決勝に進出した両チーム。ただここ2年は直接対決で、早稲田実業関東一に勝っている。リベンジを期す関東一であったが、早稲田実業の本塁打攻勢により、勝利に一歩届かなかった。

 関東一には石橋 康太早稲田実業には野村 大樹と、一発のある捕手が4番を務める。

 1回表関東一は、1番・斎藤 未来也の俊足を生かした内野安打と、3番・石田 慎一郎のセンターオーバーの二塁打で、関東一は1点を先制する。なおも一死二塁のチャンスが続いたが、4番・石橋は、早稲田実業の先発・雪山 幹太の落ちる球に翻弄されて三振。追加点を奪えなかった。

 その裏早稲田実業は二死一塁で4番の野村が初球を叩くと、レフトへ特大の2ランとなり、早稲田実業が逆転する。「マークが厳しくなる中で、初球を捉えてくれた」と、早稲田実業・和泉実監督が称える一発であった。

 一方、関東一の石橋は、第1打席はスライダー、第2打席はフォークでタイミングを外され、三振に抑えられた。「秋に対戦した時は、芯で捉えられましたが今大会では打たれないように、気を付けました」と雪山は言う。

 雪山は昨年までより球も速くなり、変化球のキレも増してきた。一方関東一の先発の藤本 幸輝は、2回からは立ち直ったが、4回表二死二、三塁のチャンスに打席が回ってきたことで代打を送られ降板した。

 関東一の2番手・畠山 陽介は、力のある球で4回裏を抑え、このまま早稲田実業の雪山との投げ合いが続くかと思われたが、5回裏に内野安打で出塁した早稲田実業の9番・江本 達彦が三塁まで進み、2番・野田 優人の右犠飛でさらに1点を追加した。

 6回表に関東一は、泉 健太の中前適時打で1点差に迫った。

 ところが早稲田実業は、6回裏に生沼 弥真人、7回表に2番・野田 優人が本塁打を放ち関東一を突き放す。8回にも茅野 真太郎の適時打で1点を追加した。早稲田実業の先発の雪山、さらには7回表から雪山をリリーフした池田 徹も好投する。

 9回表に関東一は石橋の左翼手を強襲する二塁打などで2点を返すが、時すでに遅く、6-4で早稲田実業が勝利した。

 関東一は選手個々の能力はあるものの、いつもの相手を揺さぶる野球ができなかった。
一方、早稲田実業は本塁打3本に雪山、池田の好投で快勝。「本当に大事なところで送れなかった」と和泉監督が指摘するように、バントのミスなどもあったが、清宮 幸太郎(現日本ハム)への依存度が高かった昨年より、むしろ今のチームの方が勝てるチームに仕上がっているのではないかと感じさせる、この試合の勝利であった。準決勝は日大三都立小山台の勝者と対戦する。

文=大島 裕史
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園での経験を含めた高校野球3年間が今に活きている!ミズノ 及川龍之介さんが語る、高校野球で学んだことは? 【ニュース - インタビュー】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
レベルの高さに圧巻!ミズノ社員 及川龍之介に聞く、早稲田実業時代の練習とは? 【ニュース - インタビュー】
第745回 記録員として斎藤佑樹とともに甲子園優勝 及川龍之介さん(早稲田実業出身)が語る"過酷な下級生時代"【前編】 【2018年インタビュー】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
二松学舎大附vs関東一【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
関東一vs修徳【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第736回 8強出揃う!大詰めを迎える西東京大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第169回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.13「宜保翔、勝又温史」【ドラフト特集】
関東一vs日大豊山【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
関東一vs都立小岩【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
関東一 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

関東一お疲れ様です。青木聡関東一高普通科平成11年度卒業生 2018.04.21
準々決勝早稲田実業の試合お疲れ様です。4対6で試合は敗れはしましたが夏の大会に向けて1点1点好投手、捕手のリードで1球1球ボールを良く見て自分のスイングでいかにしてシングルヒット、二塁打、三塁打、本塁打、長打力を打てるどうかになりますので夏の大会攻撃に関してまして課題克服して頑張ってください。投手に関してまして捕手のリードが最重要になりますのでいかにして厳しいコースに投げることが最重要になりますので厳しい練習で米澤監督の練習で最少失点で抑えられるように関東一高硬式野球部らしくひたむきに気迫で練習頑張って夏の甲子園目指して大会にそなえて頑張ってください。関東一高校長先生ならびに諸先生方ならびに保護者、来賓の皆様地元の新小岩の皆様、日本全国の関東一高の全国のファン、全校生徒共学になりまして明るい笑顔で応援声援して料両手を合わせて祈って応援声援していますので夏の大会、次の秋季大会に向けて試合期待して応援しています。
ラブイズ関東一高。
ラブ新小岩。
ラブイズ米澤貴光監督様♡
ラブイズ硬式野球部の皆様♡
関東一準々決勝必勝へ!さとぴー 2018.04.18
早稲田実業は好投手、野手、捕手がいますのでとても良い選手がいますので勉強しつつまずは守備の配置を確認してポジションどりなどスローイングのグローブの捕球の取り方、グローブでキャッチするのを確認して関東一高主将ならびにベンチ入りメンバーでお声をかけて投手は捕手のリードオフマンの配球が大事になりますので厳しいコースに投げないと最少失点で抑えられませんので最少失点で抑えられるように自分の投げる球を信じて捕手のリードを信じて投げて最少失点で抑えられることを両手で祈って応援しています。
攻撃では1打席1打席投手が投げた1球1球をちゃんとボールをみて相手の高校の守備位置を確認しながらフェアゾーンで誰もいないところを予測して攻撃して機動力の盗塁、得点がいっぱい得点できますので関東一高の米澤監督の信頼して尊敬して地元の新小岩の皆様関東一高の父母の会の皆様日本全国の関東一高の全国のファン、関東一高全校生徒共学になりました生徒全員が両手を合わせて勝利を願って応援していますので準々決勝1戦必勝で勝利を期待して応援しています。万が一強豪校の早稲田実業高校に敗戦しても夏の大会に向けて厳しい練習、レギュラーは固定されていますがベンチ入りメンバー応援席の関東一高の選手全員がレギュラーになれるんだということを忘れずに意識構えの心構えをして常に強豪校と対戦する対策が必要となりますので勝つためには何をしたらいいかどうか常に考える必要になりますのでまずは春季東京大会2018年4月21日土曜日準々決勝1戦必勝で応援しています。
ラブイズ 新小岩の皆様
ラブイズ 関東一高硬式野球部これからのあとの大会のことを考えて米澤監督采配なりして選手1人1人にコミュケーションをして教育指導、御指導して硬式野球部に基本業務、基礎業務を学んで試合を思う存分悔いなく試合をして自分らしい野球をしてください。
陰ながら応援しています。
頑張れ。関東一高野球部!
関東一勝負よりぶた3 2018.04.17
夏に向けての階段を登って下さい
関東一昨年秋のリベンジ!関一魂 2018.04.17
昨年秋は1-5で負けているので、今回こそはリベンジだ!
投手陣頑張って抑えてくれ!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る