国士舘、左腕3本柱のリレーで東海大菅生を破り準決勝進出


2安打の嶋崎優介(国士舘)

 国士舘・永田昌弘監督、東海大菅生・若林弘泰監督という顔ぶれでは初の対決になったこの試合、国士舘は左腕3本柱の1人、井田 尚吾東海大菅生中尾 剛と、ともに左腕投手が先発した。

 

 1回表国士舘は、3番・倉田 和明の二塁打などで1点を先制。その裏東海大菅生は、四球の1番・田中 幹也が盗塁と2番・渡部俊介の二ゴロで三塁に進み、3番・中尾の二ゴロで、一塁に送球される間に田中が本塁に突入。タイミングは微妙であったが、うまく回り込んでセーフとなった。

 

 2回表国士舘は7番・赤川 輝の三ゴロが敵失となり、赤川は二塁に進み、犠打と内野ゴロで生還した。

 

 3、4回は投手の乱調と守備の乱れから荒れた展開になる。3回裏東海大菅生は一死後、1番・田中、2番・渡部の連打の後、3番・中尾の投ゴロは敵失となり、まず1点。4番・片山 昂星の二塁打に続き、5番・伴野 匠の左前安打でこの回さらに3点を追加する。

 

 しかし4回表国士舘は、四球と安打2本で満塁とし、3回途中から登板している9番石井 崚太の遊ゴロの間に1点。さらに暴投で1点を追加した後、2番・内田真の左中間を破る二塁打で2点を入れ、国士舘が再度逆転した。

 

 荒れた試合になりそうなところを締めたのは、2番手投手の好投であった。国士舘の石井はスライダーを低めに決め、東海大菅生打戦を泳がせば、4回途中から登板した東海大菅生の石岡 舜涼は、速球にフォークボールなどで国士舘打線を抑える。

 

 得点が入らない中、最初に勝負に出たのは東海大菅生だった。7回裏、この回先頭の8番・小山 翔暉が中前安打で出塁すると、好投の石岡に鈴木裕を代打に送り、鈴木裕は犠打。国士舘東海大菅生の1番・田中を歩かせる。「ここで仕掛けなければ」と考えた若林監督は、2番・渡部の打席でヒット・エンド・ランのサイン。しかし渡部は空振りし、小山 翔暉は三塁で刺されて、東海大菅生は、チャンスを生かせなかった。

 

 しかも石岡に代わり、8回から登板した鈴木 礼央が乱調。8回表国士舘は代打・澤野 智哉の二塁打などで2点を追加した。

 

 東海大菅生は、8回裏の4番・片山の本塁打で反撃するが、国士舘は9回表に安打3本に暴投で1点を取り、9回裏は抑えで登板した草薙 柊太東海大菅生を無失点に抑え、9-6で国士舘が勝利した。

 

 東海大菅生は、打線は強力であったが、守りのミスが多かったことで、流れをつかめなかった。

 

 一方国士舘の永田監督は、「3人ともまだまだ」と言うものの、レベルの高い3人の左腕投手が、互いに不調の投手を補いながら戦えるのが強みだ。準決勝は帝京創価の勝者と関東大会出場をかけて戦う。

文=大島 裕史