関東一 試合巧者ぶりを発揮し、健闘の上野学園を突き放す


マウンドに集まる関東一ナイン

 上野学園のエースで主将の岡田海希人は、関東一の強力打線に対し、「怖いという気持ちよりも、楽しもうと思って投げました」と語るように、強豪相手に臆することなく投球。サイドスローだが、時よりスリークォーターに近かったり、アンダースローに近かったりと、腕の角度を変えて投げ、チェンジアップなどの変化球を効果的に使い関東一を苦しめたが、得点を取る術を知っている関東一が一枚上手だった。

 1回裏関東一は2番の稲葉冬武が四球で出るとすかさず盗塁し、4番・石橋 康太の中前安打であっさり先制した。

 関東一の先発は2年生の谷 幸之助。球威はあるが安定さに欠き、4回表に上野学園の4番・鈴木裕斗の右前安打に2個の四球などで二死満塁となったところで、谷に代え、1回戦で足を痛め、その後は登板できなかった藤本幸輝が復活の登板。しかし藤本は上野学園の6番・小泉旅人に四球を与え押し出し、同点になった。けれども藤本はここから立ち直り、上野学園に付け入る隙を与えない。

 関東一はまず足で突破口を開く。5回裏一死から1番・斎藤 未来也が左中間を破る打球。俊足の斎藤は余裕で三塁に達する三塁打となる。続く2番・稲葉の二ゴロで斎藤が生還し、関東一が勝ち越す。

 6回裏には4番の石橋が左前安打で出塁すると、犠打と中飛で三塁に進み、7番・泉健太の左前安打で生還するといったように、攻撃に全く無駄がない。

 7回裏にも一死後2番・稲葉が中前安打で出塁すると、盗塁し、4番・石橋の左前安打で生還する。上野学園の岡田は、打ち込まれたという印象はないが、点差は開いていく。8回裏には稲葉のライト線近くへの三塁打で2人が還り、結局6対1で関東一上野学園を破った。

 上野学園の小川貴智監督は、関東一について、「走塁もそうですが、中盤から後半に向けての、攻撃の準備が素晴らしかったです。いい経験をさせてもらいました」と語る。また上野学園のエースである岡田は、「後半になると、決めにいくボールが中に入ってしまいました」と語る。夏までに、球威を増すことと、体力の強化を課題として挙げた。

 関東一は、三塁打は2本あったが、大きな当たりはそれほどなかった。それでもしっかり得点を重ねる試合巧者ぶりを発揮した。準々決勝は、秋負けている早稲田実業と対戦する。秋からの成長を推し量る絶好の機会であり、好ゲームが予想される。

 一方上野学園には、敗れた悔しさはあっても、暗さはなかった。今大会は失策の多い試合が目立つが、この試合では、関東一にも上野学園に失策はなかった。点差に関係なく、実にすがすがしい試合であった。

文=大島 裕史

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。