ミスの多い試合、帝京・松重の犠飛で勝ち越す


決勝の犠牲フライを打った松重恒輝選手(帝京)

 3回戦はともに延長戦を制した帝京明大中野八王子の一戦は、またしても接戦にはなったものの、内容的には問題のある試合であった。

 帝京は3回表2つの犠飛で手堅く2点を先制すると、明大中野八王子は4回裏に4番・近藤慶一の本塁打と帝京二塁手のタイムリーエラーで同点に追いつく。この日の帝京の守備は、どうもおかしかった。

 6回裏は、この回先頭の6番・石川隼の三ゴロを、帝京の三塁手がトンネルする。石川は二盗に犠打で三塁に進み、8番・熱田泰祐の左前安打で生還する。なおも二死一、二塁の場面で打席に立った2番・島村遼太は、左中間に3ラン本塁打を放ち、明大中野八王子がこの回4点を入れる。

 明大中野八王子は、3回途中に先発の背番号1の進藤駿から、背番号20の左腕・和島圭吾に交代している。和島は、球は多少荒れてはいたが、左腕をしっかり振って、力のある球を投げていた。しかし帝京のプレッシャーか、リードをもらってから、おかしくなる。

 7回表一死後、四死球2に5番・松重恒輝の中前安打で満塁とした後、2球続けて暴投で、帝京は労せず2点を返す。明大中野八王子の和島には、明らかに力みがみえる。さらに6番・トラン・ヒー・キエンに四球を与えたところで、明大中野八王子は和島から背番号18の2年生・笹川健太郎に交代する。笹川は7番・白石結太にも四球を与え、満塁となり、8番・伊藤潤はライト線ギリギリに入る二塁打を放ち2人が還り、帝京が同点に追いつく。

 帝京は8回表にも2番・竹田明憲が四球で出塁すると、3番・志田太陽の犠打は野選になり、4番・田中 悠我の二ゴロで一死一、三塁。5番・松重がしっかり中犠飛で返し、帝京が勝ち越す。

 ところが試合は、それで終わらない。8回裏明大中野八王子は、この回先頭の7番・入船弘嗣が四球で出塁すると、8番・熱田の一塁線のバントを、4回途中から登板している松澤 海渡はしばらく切れるかどうかみていたが、切れないとみて一塁に投げるとこれが悪送球。カバーに入った二塁手までも、二塁に暴投し、明大中野八王子は無死二、三塁の逆転のチャンスを得る。打席には明大中野八王子の4番手投手・浦田光が入る。ここで明大中野八王子ベンチはスクイズを仕掛けるが、失敗に終わり、三塁走者はアウトになる。さらに後続も断たれ、明大中野八王子は、絶好の同点、逆転機を生かせない。

 結局帝京が逃げ切り、7-6で勝利した。けれども勝った帝京のロッカールームには、前田三夫監督の叱責の声が響いた。「野球じゃない。これは負け試合」と前田監督。「向こうがミスしてくれたから勝てた。もっとピッチャーを鍛えないと」と、前田監督は厳しい表情で語った。

 一方敗れた明大中野八王子の椙原貴文監督は、「ここ一番の勝負どころでのミスが響きました。勝負にいったつもりですが、プレッシャーがありました。今は背番号1はいても、真のエースはいません。夏までに柱になるエースを育てないと」と夏に向けての課題を語った。それでも春季都大会で明大中野八王子は、秋はベンチ入りできなかった和島、笹川らが登板するなど、選手の層は厚くなった。夏に向けて、この経験を生かしてほしい。

 明大中野八王子は、いわば帝京のプレッシャーに敗れた。けれども、相手にプレッシャーを与えるほどの伝統の力がある帝京が、この試合では失策5。帝京らしくない試合であった。準々決勝は、秋は勝っている創価と対戦する。まずは準々決勝に相応しい、質の高い試合を期待したい。

(取材・写真=大島裕史)