都立東大和の健闘を打ち砕く日大三・中村の3ラン


3ランを放った中村奎太選手(日大三)

 日大三に元祖・都立の星である都立東大和は、積極的に挑んでいった。何としても欲しかったのが先取点であり、そのために選んだ先攻であったが、1回表は2番・山上凱の内野安打1本に終わった。

 その裏日大三は、1番・金子 凌が左前安打、2番・木代 成が四球で出塁し、3番・日置 航は左中間に痛烈な打球。これを都立東大和の中堅手・倉石将希がダイブして好捕した。これが抜けていれば、初回で勝負が決まったかもしれないだけに、都立東大和に勢いをもたらすプレーであった。それでも日大三はこの回、4番・大塚 晃平の四球に続き、5番・飯村昇太の左犠飛で1点を取る。
 2回、3回と日大三は、走者を出すものの、得点は奪えない。

 それでも日大三の先発・中村 奎太は危なげない投球をする。140キロ台のストレートにスライダーなどの変化球を投げ、都立東大和に二塁を踏ませない。都立東大和は速球に備えての練習をしており、手も足も出ない状態ではなかったが、「混ぜられるとつらいですね」と都立東大和の福島靖が言うように、変化球を織り交ぜた日大三・中村の投球に手を焼く。

 中村は打つ方でも、チームの勝利に貢献する。
 4回裏日大三は、この試合初先発の7番・上野 隆成が2打席連続のとなる二塁打を放ちチャンスを作る。「初めて使いましたが、よく打ちました」と、日大三の小倉全由監督は語る。出場機会がなかった選手が、起用されるとすぐに結果を出すあたりが、日大三の選手層の厚さだ。9番・齊藤 龍二の中前適時打に続き、1番・金子が左前安打で出塁したところで、都立東大和は先発の左腕・三井 一樹から右腕の吉崎快に投手を交代する。

 緩い球で日大三打線をかわしていた三井に対し、球威は吉崎の方がある。それがむしろ日大三打線には合っていた。それも都立東大和の福島監督には分かっていたが、「持っているものは、全部使う」という方針による交代であった。日大三は、2番・木代の左中間を破る二塁打で1点。4番・大塚 晃平の中前安打で2人が還り、なおも二死一、三塁の場面で、6番の中村を迎える。中村は初球を逆方向に強打するとレフトフェンスを超える3ランとなり、勝負を決めた。「初球を狙っていました。逆方向のホームランは初めてです」と中村は言う。

 秋季都大会では、ビッグイニングを作っていた日大三であるが、この試合でも4回裏に一挙7点を入れて試合を決めた

 結局8-0、7回コールドで日大三が勝利したが、「もっと打てないと駄目ですね」と、小倉監督としては、まだ納得のいく試合ではなかった。準々決勝は都立小山台と対戦する。

 敗れた都立東大和は、序盤はよく戦ったが、力の差は如何ともしがたかった。「このままでは勝てないということを、痛感したはずです。相当ショックを受けていると思いますが、本気になってやってくれると思います」と、福島監督は、選手の奮起を期待する。秋も春もベスト16に残ったのは日大三帝京など6チームしかない。秋も春もベスト16に残った都立東大和は、そこそこ力のあるチームであることは間違いないが、本当に力のあるチームになるには、まずこの敗戦をしっかり噛みしめることが第一歩だと思う。

(取材・写真=大島裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。