2018年04月08日 府中市民球場

都立小山台vs明星

2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1点を巡る攻防、投手が粘り強く投げた小山台がしぶとくサヨナラ


戸谷直大君(小山台)

 ここで勝つと、ベスト16進出が決まり、夏の選手権のシード権が得られる。それだけに、各校ともに夏を見据えて、春季大会の3回戦突破は一つの目標ということになる。2014年には、都立校として初めて、21世紀枠代表校としてセンバツ出場を果たしている都立小山台。福嶋正信監督は、「ここで勝つと負けるのでは夏を考えたら、大違い」と、勝ちにこだわっている。それはもちろん、明星も同じことである。

 明星の先発は、秋季大会は1番をつけていたが、この春は初めての登板となった背番号20の石井 南果君。小山台はしっかりしたフォームで投げ込んでくる戸谷 直大君の先発。

 最初に好機を掴んだのは都立小山台で初回、一死一二塁で4番會川君が右前出するが、明星の鈴木歩夢君が好返球して本塁アウト。先制機を逃した。そして3回、明星が先制する。

 明星はこの回、一死から9番の石井君が左越二塁打を放つと1番岡部勝太郎君の当たりは三塁ライナーとなったが、続く寺尾君が右前へはじき返して二塁走者を帰した。さらに、明星は鈴木歩夢君も安打して続いたが、何とか戸谷君がその後を抑える。しかし、戸谷君としては思ったよりもストレートが高めに浮いていたようで、そこをしっかりと明星打線が捉えていた。しかし、戸谷君が優れていたのは、それを試合の中で修正していって、後半からは低めをしっかりと攻めていったところだ。

 そして1点を追いかける都立小山台は5回、一死から1番松永君が死球で出ると、続く佐藤晃君が中前打してスタートを切っていた松永君は三塁へ進んで一三塁。飯田君は三塁ゴロとなったが、リードを取りながら一塁へ送球するのを見てスタートを切った松永君が生還して同点とした。このあたりは、少ないチャンスを何とかモノにしていきたいという都立小山台の果敢な姿勢が功を奏したとも言えよう。さらに、4番會川君も安打して続いたが、そこは石井君も踏ん張った。

 こうして中盤以降は、お互いの投手がそれぞれの持ち味を示していく投手戦となっていって、次の1点はどちらもなかなか難しいぞと思わせる展開となった。

 今大会から導入されることとなった、延長13回からのタイブレークシステムだが、その可能性も高いのではないかと思わせるような展開だった。場内アナウンスでも、13回からはタイブレークとなるという旨も告げられたが、そんな矢先の9回に試合が動いた。

 明星は3番鈴木歩夢君からだったが、失策で二塁まで進む。そして、一死三塁となったところで、スクイズを試みたがスライダーにバットが合わず空振りで三塁走者が刺された。試合後明星の石山敏之監督は、「走者が二塁に行った時点で、簡単には打てないので何とか三塁まで進めてスクイズで1点ということを考えていた。切れのいいスライダーだったけれども、ファウルにしてもいいから、何とかバットに当ててほしかった」と、空振りで走者がなくなりチャンスを逸したことを悔いた。

 そしてその裏、都立小山台は先頭の代打南君が初球で死球。石山監督が、「一番恐れていたことが起きてしまった。だけど、内側を攻めていくのは、石井の生命線でもあるので、仕方のないところだった」と振り返った場面である。都立小山台の福嶋監督は代走廣瀬君を送り出すが、バントですぐに二塁へ進む。さらに、2番佐藤晃君が三塁―のバント安打を決めて一三塁。結果的には、これが効果的だったことになる。続く飯田君の打球は十分に犠飛となる距離だったが、送球を焦った野手が落球してあっけなくサヨナラとなった。

 まさに明暗を分けた9回の攻防だった。試合後、福嶋監督は、「9回が勝負でした。ピンチでは一二塁にした方が守りやすいかなとも思ったんですが、スクイズをさせなくてよかった」とだけ言い残すと、次の相手となる「早大学院桜美林」の試合を見に行くために八王子に向かった。あとを受けて、才野秀樹助監督は、「試合としては、最初のチャンスもそうでしたけれども、あと一本が出ていたら、もう少し楽に勝てたかもしれませんが、相手の投手もよかったですからね。ただ、失点の少ないチームなので、何とか凌げていました。総合力としては、センバツに行った4年前のチームよりも上かもしれない」と、チームの状態の良さを感じていた。

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「チームでエースを育てるんだ」 福嶋正信監督(都立小山台)が実践する選手への指導方法 【ニュース - コラム】
第55回 都立小山台・福嶋正信監督が明かした指導理論 「真の情熱が安定した強さを生む」【後編】【名将たちの言葉】
都立高躍進の裏に指導者の努力あり!都立小山台率いる福嶋正信監督が語った創意工夫 【ニュース - コラム】
第54回 都立小山台・福嶋正信監督が明かした「指導理論と1週間の取り組み」 【前編】【名将たちの言葉】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
国士舘vs都立小山台【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第888回 春季都大会もいよいよクライマックス!熱戦必至の準決勝、注目選手は?【大会展望・総括コラム】
都立小山台vs早稲田実業【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立小山台vs都立紅葉川【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立紅葉川vs明星【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立小山台vs世田谷学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第810回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第729回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第681回 戸谷 直大 (都立小山台)打倒・私学に燃える文武両道のエース 【2018年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
都立小山台 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

都立小山台全員野球で戦いましょう❗地元のファン 2018.04.08
いよいよシード校との対戦ですね。今日がひとつの山!心ひとつにして戦いましょう❗大丈夫!一つ一つ落ち着いていつも通りのプレーをすれば結果はついてきます。スタンドから精一杯応援しますね❗小山台ファイト❗
都立小山台野球班へわいわ 2018.04.08
頑張れ!!!
明星目指せ‼︎ベスト4‼︎明星野球部ファン 2018.04.07
小山台高校は、甲子園出場経験のある強豪ですが、自分達の力を信じて、頑張ってください。
都立小山台小山台ガンバレ~よこ 2018.04.06
小山台絶対勝つぞ!!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る